サイゾーpremium  > インタビュー  > 【いとうせいこう】乱痴気パーティ映画の強度を解く
インタビュー
清々しくデタラメな映画をいとうせいこうが語る

【いとうせいこう】「不要不急の映画こそコスパが高い」ドラッグでブッ飛ぶ乱痴気パーティの傍観者

+お気に入りに追加

――「観たら、キマる」とうたう山本政志監督の最新映画『脳天パラダイス』は、とにかくハチャメチャだ。出演者のいとうせいこうが、デタラメへの敬意を込めて同作の強度を解く。

2012_P018-019_img001_520.jpg
(写真/有高唯之)

 清々しいくらい無茶苦茶な映画である。見知らぬゲイカップルの結婚式が始まったと思ったら盆踊りになり、いつの間にか葬式にすり替わるのだから。そんな映画に出演するひとりが、いとうせいこうだ。

「まさに、清々しさがこの映画の一番いいところ。親子が出てきたら和解のシーン、恋人が出てきたら別れのシーンというふうに、今はあらゆるメディアで感動に収束させるウイルスがまん延している。僕も気づかないくらい洗脳されていたけれど、まったく意味のない映画の風通しの良さを感じました」

 本格的な映画出演は、意外にも初めてとのこと。『闇のカーニバル』(81年)や『ロビンソンの庭』(87年)など日本映画界に足跡と爪痕を残してきた山本政志監督の『脳天パラダイス』で、不甲斐ない父・修次を演じる。破産の末、豪邸を手放すことになった引っ越し当日、ヤケになった娘のツイートが拡散され、奔放な元妻をはじめとする招かれざる客が次々と集まってくる。冒頭こそ家族の再生物語のような雰囲気が漂うが、安直な予想をあざ笑うかのごとく、セックス、ワイヤーアクション、ミュージカル、怪獣、スプラッタありのカオスが待ち受けている。

「不況になるとコスパを求めがちで、感情が動いたほうがコスパが高いと思ってしまうんです。だけど、そんな硬直したものの見方はもともといらなかったはずだし、不要不急のほうが素晴らしいのに、“要で急”なことだけをよしとするのは貧しさの表れ。よく企画が通ったと思うけど、こういう映画こそ本当の意味でコスパが高い」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』