サイゾーpremium  > 連載  > 小原真史の「写真時評 ~モンタージュ 過去×現在~」  > 小原真史の「写真時評」/万博とオリンピック
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

万博とオリンピック

+お気に入りに追加
2012_P114-119_img01_520.jpg
「産業宮殿」1855年(パリ万博)

 予定通りであれば、2025年に大阪では55年ぶり、日本では愛知万博以来20年ぶりの万博が開催されるという。当初の「産業の祭典」という意味での万博が歴史的な役割を終えて久しいこともあり、現代オリンピックの異常な過熱ぶりに比べて盛り上がりに欠けるが、かつては万博のほうが重要なイベントであった。特に19世紀末から20世紀初頭にかけては万博をはじめとした各種博覧会は全盛期を迎え、「博覧会の時代」ともいえる時代を迎えていた。

 第1回万博は、1851年にロンドンのクリスタル・パレスで開催され、集客的にも大成功を収めた。ロンドン万博と共に近代万博の礎を築いたのが、19世紀後半に計5度も開催されたパリ万博である。1855年の第1回パリ万博のメイン会場となった「パレ・ド・ランデュストリ(産業宮)」の正面入り口の上には、フランスを象徴する女神が産業と芸術という2人の娘に金の冠をかぶせようとしているエリアス・ルニョーの彫像が設置されていた【上画像】(鹿島茂『絶景、パリ万国博覧会』河出書房新社、1992年)。これは優秀な出品者には、国家による褒賞が与えられることを意味するもので、この万博ではそれまで国内で開催されていた内国博を踏襲して、優秀な出品物には大金・金・銀・銅のメダルが授与された。このように初期の万博は、世界中から集められた産業製品を比較し、序列化する、いわば産業製品のオリンピックのような国際イベントであり、バカラやティファニーのように万博での受賞を機にブランドとしての価値を高めたメーカーも出現した(現在のオリンピックにおけるメダルの授与は、万博に倣ったものであるから、時系列的な順序が逆ではあるが)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』