サイゾーpremium  > 特集2  > 【アメリカのラッパー】たちの献身

――ここまでは国内のワイドショーや報道番組の傾向を分析したが、本稿では新型コロナウイルスの影響によって動いた海外のラッパーたちの動きに着目してみたい。米国におけるコロナの犠牲者は、アフリカ系アメリカ人がもっとも多いといわれ、そんな日本ではなかなか報道されることのない実情と、その支援の形を追う。

2006_tsukada2_320.jpg
クリーブランド出身のラッパー、ダベイビーが4月にリリースしたアルバムは、まさに今の現実を反映したアートワークとなっている。

 世界中を恐怖に陥れている新型コロナウイルスは、各国で都市封鎖を行ってもなお、収束の予測が立たないまま、その犠牲者は増え続ける一方だ。そんななかアメリカでは、多くのラッパーなどが医療従事者や患者、そして犠牲者たちに献身的な支援を行っている。ここでは彼らの活動に焦点を当てて社会情勢を探ってみたい。

 まずラッパーのカーディ・Bは、自身のファッション・ブランド「Fashion Nova」と協賛し、パンデミック中に経済的困難を抱える人たちに最高100万ドル(約1億円)を寄付すると発表。また彼女は食事の代わりとなる2万食のヴィーガンドリンクをニューヨーク市の病院に寄贈した。

 今回、寛大な支援を行ったひとりに、シンガーのリアーナが挙げられる。彼女が設立した慈善団体「クララ・ライオネル財団」は、コロナ救助活動のために500万ドル(約5・3億円)を、またジェイ・Zと協力してロサンゼルスとニューヨークに住む不法滞在労働者、救急隊などの第一対応者、囚人、年配者やホームレスを支援するために、200万ドル(約2・1億円)を寄付。さらに彼女はツイッターの最高責任者ジャック・ドーシーと協力し、パンデミック期間中に家庭内暴力を受けているロス居住の被害者救済のために210万ドル(約2・2億円)を寄付。アメリカでは今もなお家庭内暴力の被害に遭っている男女が多く、都市封鎖によって被害者が救済を受けることがより困難になっている。これはリアーナ自身も過去に元彼であるクリス・ブラウンに暴力を受けた経験を持つことから、被害者の苦しみに共感できたことも大きいのではないだろうか。

 そしてラスベガスのMGMホテルでショウを行ってきたブルーノ・マーズは、コロナで経済的損害を受けたMGMリゾーツ財団の従業員のために、100万ドル(約1億円)寄付することを明らかに。またケンドリック・ラマーを輩出した〈TDE〉の創設者アンソニー・ティフィスが、LA暴動が起こったサウスセントラルはワッツ地区の311世帯の公営住宅の家賃を肩代わりしたというニュースも話題に。これらの行為は単なる寄付というよりも、自分と深い繋がりを持つ人たちや同胞の痛みを肌で感じられるからこそ、家族の面倒を見るような想いで行動に移しているようにも感じられる。

 アメリカ政府が「コロナの犠牲者にアフリカ系アメリカ人が顕著である」ことを発表すると、ヒップホップ界のドンでバッドボーイ・エンターテインメント最高責任者であるディディは、「緊急事態:黒人アメリカの状態とコロナウイルス」なる会合を企画。各界から招いたアフリカ系アメリカ人の著名人が自宅からビデオ配信をしながら、黒人コミュニティが抱える健康問題、低所得による影響、投獄や経済救済などについてディスカッション。このような話し合いがもたれる背景には、かつて黒人社会学者のW・E・B・デュボイスが1934年に指摘した、黒人が団結して「アメリカ国家内に黒人の経済国家」を組織することでサバイバルを目指す概念が、いまだに必要とされている現実を示唆している。

 ほかにもジェイ・Zとミーク・ミルが始めたリフォームアライアンス(不当に投獄されている受刑者を釈放する目的の団体)は、10万枚以上のマスクを刑務所の職員などに寄付し、映画界でも活躍するベテランラッパーのアイス・キューブは、自身のヒット曲「Check Yo Self」を引用し、「体を壊す前にチェック(検査)しろ」という歌詞と、マスクをした自身の写真をプリントしたTシャツを販売。その売り上げを最前線で働く医療従事者などに寄付する活動を行っている。そのほかにも数多くのラッパーたちが地元住民や医療従事者に寄付や物資支援を行っているが、日本ではこのような惨事や天災が起こった際に有名人が被害者に寄付や慈善活動を行うと、時に「売名行為」という声を耳にする。信心深い市民が多くボランティア精神が根付いたアメリカでは、有名人がそのような活動を行っても、一般市民に希望やインスピレーションを与えこそすれ、彼らの行為を非難する声はあまり耳にしない。

 例えば、LA郊外のあるシーク教徒の寺院が、信者であるか否かに関わらず、コロナウイルスの被害で失業して生活に困窮する地元民たちに、無料であたたかい食事やマスクなどを配る奉仕活動が話題を呼んだ。このように宗教や人種、文化の違いにこだわらない相互扶助精神には真に心が温まるし、言うなればコロナウイルスという大きな敵の下で人々が互いに歩み寄って団結した良い副産物であると感じる。またこれは、90年代初期に起こったLA暴動の際に、普段は敵対しているLAの二大ギャング「クリップス」と「ブラッズ」が一時的ではあれ、「人種差別」という共通の敵に向かって一致団結した現象も思い起こさせる。そのように考えれば、コロナウイルスがもたらしたものは恐怖や惨事だけではないことにも気づかされる。

 そしてコロナは違う形で数々のラッパーたちにインスピレーションも与えている。デトロイトのラッパー、Gマック・キャッシュは「Coronavirus」という曲をリリースし、「握手、ハグはしない、愛情込めて手を洗え、コロナウイルスに感染したらわかるぜ、咳をしてたら近づかない」というパンデミックらしいラップをしている。4月に新作『Blame It On Baby』をリリースしたラッパーのダベイビーは、アルバムカバーにコロナ対策で需要が高まった高性能マスクN-95を付けて登場し、今の時勢を生々しく反映。同作内の「Jump」という曲のミュージックビデオには、除菌ローションやスプレー、全身防備で部屋中を除菌する清掃員が登場し、コロナ時勢の現実を投影している。この全身防備の除菌ファッション(?)は、ラッパー、フレンチ・モンタナのMV「That’s A Fact」でも見られ、トレンドをいち早く取り入れるヒップホップらしい傾向を示している。

 コロナが及ぼした社会的影響には、罪の軽い囚人の早期釈放も挙げられる。世界一の受刑者人口を抱える米国の刑務所は、受刑者間の距離を保つことができず感染しやすい環境が原因だ。その中には殺人や未成年淫行事件など9つの容疑で拘留されたラッパー、テカシ・シックスナインなども含まれている。

 これら積極的な支援の動機には、社会貢献が浸透したお国柄に加え、アフリカ系アメリカ人のコロナウイルスの犠牲者がダントツに多い現実も考えられる。アメリカ黒人には糖尿病、喘息、心臓病、肥満などの持病がある者が非常に多く、その背景には奴隷制度がもたらした人種差別と、それゆえの貧困が関係している。奴隷解放後も低賃金の仕事しか与えられなかった歴史から、現在も社会的距離を持つことが不可能な公共サービス業、公共交通機関、在宅医療、小売業、接客業などの職種に就いているアフリカ系アメリカ人が非常に多く、飢え、立ち退き、失業への恐怖が貧しい労働者階級のアフリカ系アメリカ人を感染の可能性へと追いやっている。さらに彼らは人口過密な刑務所、ホームレス避難所に集中していることも、犠牲者が多い要因と考えられている。国が、歴史的不平等が生み出した諸問題に根本的対策を行ってこなかったことも、「自分たちが同胞や社会的弱者たちを助けなければならない」と黒人ラッパーらを行動に駆り立てた大きな動機となったのではないだろうか。

(文/塚田桂子)

ジャーナリスト・塚田桂子(つかだ・けいこ)
ロス在住。会社員のかたわら、音楽の背景にある人、文化、社会、政治を追うジャーナリストとして、主にヒップホップに関わる取材、リリック対訳等に多数携わる。訳書に『ギャングスター・ラップの歴史』(DU BOOKS)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ