サイゾーpremium  > 連載  > 佳子様偏愛採取録  > 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【57】/天皇陛下を立てる【上皇后陛下】の佇まい
連載
辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【57】

天皇陛下を立てる上皇后陛下の佇まい――皇室の距離感に一喜一憂

+お気に入りに追加

――日本の未来を支える異端のプリンセス・佳子様の生態を読み解きます

2003_Makomurony_520.jpg

 1月、令和に入って初めての新年一般参賀が行われました。昨年の平成ラスト参賀は激混みだったので、早起きして8時頃に行ったところ、意外と空いていて初回に参列できました。参賀者の数は2019年は15万5000人で、20年は6万9000人と減少しましたが、祝賀パレードもあったので参加者が分散したのかもしれません。今回は最初の3回は上皇陛下と上皇后陛下もお出ましになってかなり豪華でした。天皇陛下の「新しい年を迎え、皆さんと共に祝うことをうれしく思います」という出だしのお言葉の「皆さん」というフレーズがうれしく、畏れ多くも距離が縮まった感が。そんな天皇陛下のお姿を美智子上皇后陛下はうれしそうに見つめていらっしゃいました。天皇皇后両陛下を立てるためか、美智子様はお手振りをほとんどされず、国民に向かって体をななめに向けられていたのが少し距離を感じて淋しかったです。眞子様はブルーの衣装でどこかアンニュイなほほえみを浮かべていました。佳子様のグリーンのお召し物も鮮やかで美しく……お出ましになられた皇族の方々のお召し物は青や緑系が多く、国民を癒してくださってありがたいです。先日は、大嘗宮の一般公開、そして東京国立博物館での「高御倉と御帳台」の無料公開もあり、国民に対してのホスピタリティやサービス精神を感じます。ちなみに高御倉の京都御所での公開をいち早く見に行った知人女性は、閉経していたはずなのに、高御倉を見た次の日に生理が来たという不思議現象が! 同行していた女友達にもまったく同じ現象が起きたそうで、紫と赤のコントラストにホルモンが刺激されたのかもしれません。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』