サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 川栄李奈がCM女王なのに「ナマ」「中」を許したワケ
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

川栄李奈がCM女王なのに「ナマ」「中」を許したワケ

+お気に入りに追加
1905_kawaei.jpg『川栄李奈ファーストフォト&エッセイ『これから』』(幻冬舎)

 電撃デキ婚も“必然”だったかもしれない。

 5月17日、『テニミュ』などに出演する2.5次元俳優・廣瀬智紀との入籍を発表した元AKB48・川栄李奈。超売れっ子タレントの突然のニュースに世間からは驚きと戸惑いの声があがっている。

「2人は昨年10月に舞台で共演したのをキッカケに交際をスタート。しかし、付き合ってすぐに妊娠していることから、『あんなにCM出てるのに避妊しないんだ!?』『下半身が奔放だったとは意外』『さわやかなイメージが崩れた』と、一部では川栄が『ナマ中出し』を許したことに対するプロ意識のなさを指摘する声も出ています」(芸能ライター)

 そんな川栄が過去にインタビューで自身の“ある性格”を明かしており、それがデキ婚につながった可能性があるという。

「インタビューで男友達から告白されたらどうするか聞かれた川栄は、『もしかしたら、断れないかもしれないですね~』と語り、押しに弱いことを明かしていました。彼女いわく『相手の人のことを気にしちゃうところがある』そうで、洋服を買いに行って店員に勧められて試着したら絶対買ってしまうのだとか。『断ったらなんか、かわいそうって思っちゃうんです』とも語っていましたから、今回も彼氏である廣瀬から『ナマ』と『中』を懇願されて、仕事的にはまずいと思いながらも許してしまったのかもしれません」(同)

 頼めば拒めない“女神”だとわかっていれば、“俺も口説いていれば……”と悔しがる男たちはたくさんいそうだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号