サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 川栄李奈がCM女王なのに「ナマ」「中」を許したワケ
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

川栄李奈がCM女王なのに「ナマ」「中」を許したワケ

+お気に入りに追加
1905_kawaei.jpg『川栄李奈ファーストフォト&エッセイ『これから』』(幻冬舎)

 電撃デキ婚も“必然”だったかもしれない。

 5月17日、『テニミュ』などに出演する2.5次元俳優・廣瀬智紀との入籍を発表した元AKB48・川栄李奈。超売れっ子タレントの突然のニュースに世間からは驚きと戸惑いの声があがっている。

「2人は昨年10月に舞台で共演したのをキッカケに交際をスタート。しかし、付き合ってすぐに妊娠していることから、『あんなにCM出てるのに避妊しないんだ!?』『下半身が奔放だったとは意外』『さわやかなイメージが崩れた』と、一部では川栄が『ナマ中出し』を許したことに対するプロ意識のなさを指摘する声も出ています」(芸能ライター)

 そんな川栄が過去にインタビューで自身の“ある性格”を明かしており、それがデキ婚につながった可能性があるという。

「インタビューで男友達から告白されたらどうするか聞かれた川栄は、『もしかしたら、断れないかもしれないですね~』と語り、押しに弱いことを明かしていました。彼女いわく『相手の人のことを気にしちゃうところがある』そうで、洋服を買いに行って店員に勧められて試着したら絶対買ってしまうのだとか。『断ったらなんか、かわいそうって思っちゃうんです』とも語っていましたから、今回も彼氏である廣瀬から『ナマ』と『中』を懇願されて、仕事的にはまずいと思いながらも許してしまったのかもしれません」(同)

 頼めば拒めない“女神”だとわかっていれば、“俺も口説いていれば……”と悔しがる男たちはたくさんいそうだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』