サイゾーpremium  > インタビュー  > 【中田秀夫】『リング』の監督が語る恐怖とエロス
インタビュー
エロスとサスペンスは表裏一体!?

【中田秀夫】『リング』の中田秀夫監督からメガホンを奪った“別人格”が濃厚なラブシーンを演出!?

+お気に入りに追加

――『リング』を手がけるJホラーの旗手・中田秀夫監督の新作は、R18の“淫らすぎるサスペンス・ホラー”。多重人格者の女性が絡み合うラブシーンの撮影中に、別人格が監督に憑依するややこしい展開に。

1905_318_011_520.jpg
(写真/岩澤高雄)

「エロスとサスペンス、つまりリビドーと恐怖っていうのは、人間の根源的なもので、動物も持っている本能です。人間にとって、この2つはものすごく近いと思うんですよ」

 おだやかなトーンで淡々と語るのは、中田秀夫監督。『リング』(98年)で世界を席巻し、近年は北川景子主演の『スマホを落としただけなのに』でも話題をさらったJホラーの旗手だ。その中田監督には、映画好きにはよく知られる別の一面がある。「エロス」である。

「85年ににっかつ撮影所に入社して、キャリアをスタートしました。最初は、小沼勝監督の下で日活ロマンポルノの撮影現場で下積みをする日々。アダルトビデオに押されて88年にロマンポルノが終焉を迎えるまでの3年間でしたが、独特の自由なカルチャーを現場で体感しました」

 貞子の裏にロマンポルノ――。意外な気もするが、共通点を感じなくもない。やはり性欲と生存欲は近い場所にあるのか!?

 16年、中田監督は日活ロマンポルノ45周年記念企画「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」に参加。『ホワイトリリー』で、レズビアンの濃厚なラブシーンを繊細に描いた。このとき、中田監督のロマンポルノ・スピリットに火がついた。そして、19年4月、新作『殺人鬼を飼う女』で内に秘めた情熱が静かにスパークする。キャッチコピーは、“淫らすぎるサスペンス・ホラー”。

「依頼があったときに、とにかく『振り切ってやってくれ』と言われたんです。激しく濃厚なラブシーンを撮ってくれと。エロスとサスペンスというのは、私が追求し続けたいテーマなので、原作の世界観を守りつつ、鋭角的な映画になるようにあらゆるチャレンジをしました」

 トラウマから4つの人格を持つようになった女性の周りに起きる奇妙な殺人事件をめぐる物語。主人公の中に潜む4つの人格を4人の女優が演じる演出も話題だ。ただ、やはり注目なのは美しすぎるラブシーン。これがまた本当に激しい……。

「かつてのロマンポルノの殆どは、今の基準で言えばR15で、全裸でインサートしている場面は撮れなかったんです。その点、今回はR18だからフルヌードのラブシーンが撮れる。なので、女優の身体のラインをいかにきれいに撮るか、工夫を重ねましたね。ラストの男性1人、女性3人のラブシーンでは、照明で夕暮れから夜にかけてのはかない雰囲気を作って、破綻に向かう悲哀を表現しています。俳優のみなさんには、まさに一糸まとわぬ姿で、かつ極小の“前張り”でがんばってもらいました」

 思いを寄せる小説家の男性と主人公が抱える3つの人格の愛憎が絡み合うラストシーンは、スタッフと3日がかりでリハーサルを重ねて、ビデオコンテを作成したという力の入れよう。その映像美は、期待を裏切らないクオリティだ。

 また、ダイニングテーブル上でのレズビアンのラブシーンも印象深い。ここは主人公の中の4重人格の関係性を表現する重要シーン。

「女性同士の嫉妬と憎悪が入り混じった狂気を表現しようと思ったら、気合が入ってしまって……。主人公の分身を演じる女優さんが主人公の口にバイブを突っ込んで、それを自らも舐めるんですが、舌の出し方がチロっとして物足りない。そこで『もっとベロベロっと舐めたれや!』って自分が言ったらしいんです。自分の中の関西弁の別人格が出てきて、ビックリしました(笑)。ただ、昔から重要なシーンを撮るときに別人格が入り込むことはあって、『リング』で貞子が真田広之さんを睨みつける最後のシーンでも、まつげを抜いて貞子の目を演じてくれた助監督の瞳が真っ赤になってるのに、嬉々として撮影を続けたらしくて、周りがドン引きしたようです」

 貞子を全世界に送り出した関西弁の別人格が演出する迫真のラブシーンは、ぜひ劇場で。

(文/丸茂アンテナ)
(写真/岩澤高雄)

中田秀夫(なかた・ひでお)
1961年生まれ、岡山県出身。85年にっかつ撮影所に入社。助監督を経て92年に『本当にあった怖い話』で監督デビュー。98年に発表した『リング』が大ヒットし、ハリウッドでリメイクされる。2016年の日活ロマンポルノ45周年を記念した企画「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」に参加し、『ホワイトリリー』を制作。最近は、18年公開の『スマホを落としただけなのに』が興行収入19億円を超える大ヒットとなった。

1905_318_img001_200.jpg

『殺人鬼を飼う女』
「甘い鞭」「呪怨」など数々の話題作を世に送り出した大石圭の人気ホラー小説「殺人鬼を飼う女」。気品漂うエロスと大胆なサスペンスを巧妙に描いた原作を中田秀夫監督により映画化。幼少期に受けた虐待のトラウマで、4つの人格を持つようになったひとりの女を、4人の女優がエロス全開に演じ分けている。主演の飛鳥凛が見せる体当たりの妖艶な演技にも注目。現在絶賛公開中。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ