サイゾーpremium  > インタビュー  > 【中田秀夫】『リング』の監督が語る恐怖とエロス
インタビュー
エロスとサスペンスは表裏一体!?

【中田秀夫】『リング』の中田秀夫監督からメガホンを奪った“別人格”が濃厚なラブシーンを演出!?

+お気に入りに追加

――『リング』を手がけるJホラーの旗手・中田秀夫監督の新作は、R18の“淫らすぎるサスペンス・ホラー”。多重人格者の女性が絡み合うラブシーンの撮影中に、別人格が監督に憑依するややこしい展開に。

1905_318_011_520.jpg
(写真/岩澤高雄)

「エロスとサスペンス、つまりリビドーと恐怖っていうのは、人間の根源的なもので、動物も持っている本能です。人間にとって、この2つはものすごく近いと思うんですよ」

 おだやかなトーンで淡々と語るのは、中田秀夫監督。『リング』(98年)で世界を席巻し、近年は北川景子主演の『スマホを落としただけなのに』でも話題をさらったJホラーの旗手だ。その中田監督には、映画好きにはよく知られる別の一面がある。「エロス」である。

「85年ににっかつ撮影所に入社して、キャリアをスタートしました。最初は、小沼勝監督の下で日活ロマンポルノの撮影現場で下積みをする日々。アダルトビデオに押されて88年にロマンポルノが終焉を迎えるまでの3年間でしたが、独特の自由なカルチャーを現場で体感しました」

 貞子の裏にロマンポルノ――。意外な気もするが、共通点を感じなくもない。やはり性欲と生存欲は近い場所にあるのか!?

 16年、中田監督は日活ロマンポルノ45周年記念企画「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」に参加。『ホワイトリリー』で、レズビアンの濃厚なラブシーンを繊細に描いた。このとき、中田監督のロマンポルノ・スピリットに火がついた。そして、19年4月、新作『殺人鬼を飼う女』で内に秘めた情熱が静かにスパークする。キャッチコピーは、“淫らすぎるサスペンス・ホラー”。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』