サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 篠田麻里子の結婚相手を元AKB48・平嶋夏海が強烈ディス?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

篠田麻里子の結婚相手を元AKB48・平嶋夏海が強烈ディス? 「玄米婚」に暗雲か

+お気に入りに追加
1902_shinoda.jpg『篠田麻里子 完全版写真集 「Memories」』(集英社)

 2月20日に結婚を発表した元AKB48で女優の篠田麻里子のお相手を巡り、仮想通貨界隈がざわつく事態となっている。

 篠田は16日に入籍。昨年10月末に出会って、その2週間後に男性がプロポーズする“交際0日求婚”だったという。

「『玄米を食べて育ったところ』に共感したと明かしたところから、『玄米婚』と名付けられています。お相手は美容院を2店舗経営し、IT事業も手掛ける実業家とのことです」(芸能ライター)

 そんな中、ネット上ではTwitterでフォロワー1万人の『FX中級者』と名乗る仮想通貨トレーダー、FXトレーダーで通称“チュッキュー”という人物がお相手ではないか、との情報が飛び交っている。

・昨年10月頃から「玄米」を言い出す
・出身地が同じ福岡
・年齢一致
・昨年12月以前のツイートを全削除
・X-JAPANのピアノを2人とも投稿
・「もうオフ会には参加しない」との発言
・仮想通貨クラスタに教えていたLINE変更
・1月18日「玄米は利確済み」と
・先月末からツイート停止

 など符合する点が多いのが疑惑の根拠のようだ。

 さらに、疑惑を加速させたのが元AKB48で現在はグラドルとして活躍している平嶋夏海のコメントだ。

「平嶋は篠田が入籍した翌日の17日、自身のDVD発売イベントに登場。そこで理想の結婚相手について、『仮想通貨で“今だけもうかっています!”っていう人より堅実な職業についている人がいいです。公務員とか長年続いている上場した企業に勤めている方とか』と発言しているのです。もしかしたら、篠田の結婚相手のことを知っていたため、皮肉めいた言葉が口をついたのではないかとネット上をざわつかせました」

 まるで事実であるかのように広まったこの件だが、篠田が夫との2ショットを掲載すると、交流のあったトレーダーたちは、別人だったと反応し、ウワサは沈静化することとなった。

 偶然が重なったことに、平嶋も驚いていることだろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』