サイゾーpremium  > 連載  > NewsPicks後藤直義の「GHOST IN THE CHINA」【4】/【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
連載
NewsPicks後藤直義の「GHOST IN THE CHINA」【4】

スターバックスに襲いかかる、謎の 「コーヒー起業家」の正体

+お気に入りに追加

――あまりにも速すぎるデジタルテクノロジーの進化に、社会や法律、倫理が追いつかない現代。世界最大の人口14億人を抱える中国では、国家と個人のデータが結びつき、歴史に類を見ないデジタルトランスフォーメーションが進行している。果たしてそこは、ハイテクの楽園か、それともディストピアなのか――。

ラッキンコーヒー(瑞幸珈琲)

2018年に中国で登場した、スマホアプリによるオンデマンド配達に注力するコーヒーチェーン。上海や北京、深センなどのビジネス地区に、極小のスペースで大量出店を重ねており、1年間で1000店舗を上回った。あおり気味の経営スタイルで、スターバックスを相手取って訴訟問題に発展しつつある。13億人の人口を抱える中国では、いまコーヒー需要が加熱しており、これから巨大市場を奪い合う「戦い」が本格化しそうだ。

1902_GITC_1902_bl_200.jpg

「僕に話を聞きたいって? そんな時間、ないんですよ!」

 アイスコーヒーの入った紙袋を手渡してくれた配達員は、めんどくさそうに返事をすると、足早に電動バイクに乗って消えていった。紙袋には、青い鹿のマークに、「Luckin Coffee (ラッキンコーヒー)」とプリントされている。値段は、コーヒーとスコーンで14元(約224円)だ。

 いま中国のテクノロジー業界で、このラッキンコーヒー(瑞幸珈琲)の名を知らない者はいない。

 ラッキンコーヒーは彗星のごとく登場した謎のコーヒーチェーンだ。2018年1月に1号店を立ち上げると、異常なスピードで店舗を増殖させていき、8月にはなんと630店にまで店舗数を拡大し、18年末までに1000店舗を超えたといわれる。そこで付いたあだ名が「クレイジー・ラッキン」だ。その拡大戦略はもはや飲食業ではなく、インターネット企業そのものだ。

 世界を驚かせたのは、わずか半年足らずで国内第2位のコーヒーチェーンに育ったからだけではない。中国に約3400店舗を構える王者スターバックスを、「劣勢」に追い込んでいるからだ。

 このラッキンコーヒーは、女性の連続起業家である钱治亚(チェン・ジーヤ) が立ち上げたばかりのベンチャー企業だ。チェンはもともと、「神州」というオンラインのレンタカー企業で働き、そのCOOにまで上り詰めた人物。そして会社からスピンアウトした配車サービス「UCAR」の共同創業者としても、その腕を振るってきた。スタートアップで猛烈に働く中、あまりにも残業が多くて、コーヒーを飲みまくる生活を続けていたのだという。それが新たな起業へのきっかけになった。

 さらに「スターバックスのコーヒーの価格はお手頃ではない。それなのに、最高のコーヒーともいえない。私たちは最高のマシンとテクノロジーで、その頂を目指します」と言い放ったのだ。

 チェンCEOは昨年始めに1号店をオープン。そこから猛烈なスピードで、この新しいコーヒーチェーンを展開していった。あまりの展開スピードに、平均すると15時間に1店舗を開いていると騒がれたほどだ。その目標は「スターバックスを倒すこと」。「今後、中国のコーヒー市場は10倍以上と爆発的に大きくなり、その波に乗ってラッキンコーヒーは中国最大のコーヒーチェーンになる」と明言している。

スタバの不動産モデルを脅かす「奇襲戦略」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載