サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 【月間数十億PV】運営者の正体
第1特集
エロ動画サイトのマネタイズ【1】

月間売り上げは5000万円! XVIDEOSは宣伝サイト!? 月間数十億PV運営者の正体

+お気に入りに追加

――XVIDEOSやFC2動画など、無料で楽しめるエロ動画サイトが乱立する現在。今やズリネタはネットで無料で閲覧する時代だが、その産業構造は今も謎だらけ。無料サイトはどこで収益を上げているのか。運営しているのは誰なのか。動画を自らアップロードする人は何が目的なのか。そして著作権侵害などの問題は……?

かつてエロコンテンツのプラットフォームはレンタルビデオ店だった!?

 ここ数年来、アダルトビデオ産業は大きく様変わりした。レンタルビデオ店で奥の暖簾をこっそりくぐり、お目当ての作品を手に入れて、胸を躍らせながら帰宅する……などというスタイルは今や過去のもの。AVを借りたり買ったりする機会はゼロになり、ひたすらお気に入りのエロ動画サイトを巡回している読者諸兄も多いことだろう。では、現在人気のエロ動画サイトにはどのようなものがあるのか? まずは、エロ動画業界に詳しい広告代理店の社員に解説願おう。

「エロ動画サイトもいくつかのタイプに分けることができます。狭義の意味でのエロ動画サイトについては、自社サーバを持ち、自前で配信するサイトと、ユーザーが動画をアップロードできるエロ動画共有サイトの2タイプがあります。前者の代表例は『カリビアンコム』や、海外系の有料サイト。後者は『FC2動画アダルト』『XVIDEOS』『PornoTube』などです。また大手AVメーカー・ソフトオンデマンドが運営するECサイトや、『DMM.R18』といった、有料で動画を配信、ダウンロードできるサービスも、広義に解釈するとエロ動画サイトの1タイプでしょうか」(広告代理店社員)

 これらのサイトについては、小誌2012年11月号内記事『エロ動画サイト“ビジネスモデル”』で紹介済みゆえ、ここでは割愛させていただくが、要は課金サイトと無料サイトの2種類があるわけだ。そして無料サイトの区分の中で、近年増えているのが、「無料エロ動画まとめサイト」だ。ご存じの方も多いと思うが、FC2動画やXVIDEOSに投稿されたエロ動画を、厳選した上で紹介しているサイトである。膨大な数の動画がアップロードされる無料エロ動画サイトは、そのぶん“ハズレ”も多く、XVIDEOSなどは外国人のエロ動画が多いこともあり、使い勝手は悪い面もある。そんな中で、無料エロ動画まとめサイトはキュレーター的な役割を果たしており、近年活況を呈している。前出の代理店社員は続ける。

「『エロ動画 まとめ』で検索すると、数えきれないほどのサイトがヒットするはずです。それらのまとめサイトは、ブログやツイッターにYouTubeの動画を埋め込むのと同じ要領で、XVIDEOSなどの動画を埋め込んで紹介しています。そのため、サイト運営者のサーバ代の負担が非常に少なく済むのも特徴のひとつです。また、違法コピーされたAVの動画をサイトに載せても、『アップしたのはウチじゃない』という逃げ口上もできる。なお、中には海外法人まで作って月間3億PVを誇るようなサイトもあり、20代の若者で月4000~5000万円をアフィリエイトで稼いでいる人もいます」

 一方で、あるアダルトサイト関係者は、「エロ動画まとめサイトは確かにPVを稼げるが、競合サイトの数が多すぎるので、アフィリエイトで大量の収入を得るのは難しいはず。月間200~300万PVがあったとしても、収入は数万円程度ではないか」と証言する。では、数千万円を荒稼ぎしているサイト運営者は、一体どんな工夫をしているのだろうか? あるアップロード系サイトの運営に携わった人物は、絶対匿名を条件に、次のように語る。

「違法性の高い広告に手を出している人が、稼いでいる印象ですね。個人で運営している人の中には、『ユーザーはどうでもいいから荒稼ぎしたい!』という、コンプライアンス意識ゼロの人も多いですから。グレーな情報商材や出会い系はもちろんのこと、4クリック詐欺、ワンクリック詐欺の広告が大量に入っているサイトもあり、詐欺広告が主な収入源というサイトも少なくはありません」(同)

 なお、AV作品の違法コピーの動画には、当然ながらメーカー側からクレームや削除依頼が寄せられるが、「メーカーからクレームが入った場合は、20時間以内に削除するのが業界の不文律」(同)だという。近年は、メディア著作権法のない国にサーバを移すサイトも多く、「今は南米に置いている会社が多いですが、より規制のゆるいデンマークに移す動きも見られる」(同)という。

 先の削除ルールは海外のサイトでもほぼ同様のようで、日本のアダルト産業を研究している作家のアンドリュー・S・ブラウンは次のように語る。

「アメリカなどの海外のエロ動画サイトでも、削除依頼が入った場合、3日以内に対応することが業界内的なルールになっています。なお、この著作権侵害の問題は、何もエロ動画サイトだけの問題ではありません。フェイスブックやYouTubeのようなサイトにも著作権侵害の動画は多数アップされていますが、『クレームが入ったら削除すれば問題なし』というルールがあるからこそ、サイト側が罪に問われずに運営できるわけです。世界中に無数ある小規模なエロ動画サイトの中には、著作権侵害を伝えるフォームや問い合わせ先さえも、用意していないところもありますが……」

 エロ動画まとめサイトの運営への力の入れようは人によってまちまちで、「システムを組んで更新をほぼ全自動化している人もいれば、タイトルを自分で翻訳してタグ付けまでしている人もいる」(前出・広告代理店社員)とのこと。また、サイト運営者自らが著作権侵害の動画を積極的にアップしているような例もあるという。

「エロ動画まとめサイトを運営している人で、自分でXVIDEOSなどの動画共有サイトにアカウントを作り、そこにネットで拾ったエロ動画をアップロードしている人は多いのではないでしょうか。アップロード先は自分が運営しているサイトではないので、自分が著作権侵害の罪に問われる可能性は低くなりますし、自分のサイトで紹介するエロ動画のクオリティも、少ない手間でコントロールできますから」(ブラウン氏)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の