サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 泉里香、広瀬アリス、杉咲花……改名でブレークした美女たち「あのレジェンドの娘も!」
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

泉里香、広瀬アリス、杉咲花……改名でブレークした美女たち「あのレジェンドの娘も!」

+お気に入りに追加
1810_izumi.jpg『泉里香1st写真集「Rika!」』(SDP)

 芸能人にとって、タレント生命を左右するといっても過言ではないほど重要な要素が“芸名”。それが凶になる場合もあるが、改名を機に、見ない日はないほどの大ブレークを果たした美女もいる。

 その代表的な一人が、「Indeed(インディード)」のCMで全国区となった泉里香だ。

「彼女は2003年に『浜千咲』名義でデビュー。北川景子が出演していたことで知られる実写版『美少女戦士セーラームーン』(TBS系)でセーラーマーキュリーを演じ、注目されましたが、番組終了後に活動休止。04年に『梨華』、05年に『泉里果』と立て続けに改名し、08年に現在の芸名になりました」(芸能記者)

 その間に事務所も何度か変わっており、12年に今の所属事務所・スターダストプロモーションに移籍してから、徐々にモデルの仕事が増えていき、モデルとグラビアを両立する“モグラ”としてブレークを果たした。

「テレビでの彼女の衣装はマネジャーが決めているそうですが、泉の巨乳ぶりが強調されるようなピタッとしたニットを提案。本人は嫌がったそうですが、それが大物タレントたちの“男心”を直撃、番組に呼ばれることが多くなっていきました」(テレビ関係者)

 続いては、10月15日にスタートした『ハラスメントゲーム』(テレビ東京系)でヒロインを演じる広瀬アリス。彼女もデビュー当初は「広瀬晶」として活動していた。

「09年に『ミスセブンティーン2009』に選ばれたあたりから『アリス』になったようです。本人が明かしたところによれば、ある日、唐突に『あなたは今日からアリスね』と言われたそうで、ハーフというわけでもないので、違和感があって仕方がなかったとか」(芸能ライター)

 現在、公開中の映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』で主演を務める杉咲花も、子役時代の芸名は「梶浦花」だった。

「彼女の父親の木暮武彦は“シャケ”の愛称で知られ、『レベッカ』『RED WARRIORS』で活躍したレジェンドクラスのミュージシャン。また、母親のチエ・カジウラさんも現在、歌手としてライブ活動を続けており、アニメファンには『マクロス7』でヒロイン・ミレーヌの歌唱部分を担当したことで知られています。00年に両親が離婚していることから、家族の事情で芸名を変える必要があったのかもしれません」

 そんな彼女は、志田未来への憧れから、11年に同じ事務所の「研音」に移籍。女優としての飛躍につなげている。

 伸びや悩んでいると感じている美女タレントたちは、彼女たちの成功例にならって改名を検討してみては?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』