サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 小池徹平、熱愛発覚でファンから悲鳴!
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

小池徹平、熱愛発覚でファンから悲鳴! お相手の“M字開脚ご開帳映画”がスゴすぎた!?

+お気に入りに追加
1810_koike.jpg『kiss me,kiss me teppei koike』(主婦と生活社)

 俳優の小池徹平に熱愛が発覚。そのお相手の経歴が、なんともスゴかった。

 10月16日発売の「FLASH」(光文社)が、小池と女優の永夏子との交際をスクープ。同誌によると、2人はアウトドアが好きなことで意気投合し、交際期間は3年ほどだという。

「小池といえば、これまで女優の滝沢沙織や元SDN48の芹那と浮名を流したことがありました。今回のお相手の永は慶應大出身で、心理カウンセリングスペシャリストの資格を持つ才女。女優業と並行して、カウンセリングを実際に行っているといいます。遊びたい盛りだったこれまでの恋愛と違い、お堅い女性との真剣交際のようですね」(芸能記者)

 ネット上ではファンからの悲鳴が聞かれているが、報道で初めて永の名前を知った人も多いようだ。

「永は、小林夏子名義で2004年に女優デビュー。ミュージカルなど舞台を中心に活動し、12年まではEXILEと同じLDH JAPANに所属していました。17年に現在の芸名に改名し、映画、ドラマ、CMと幅広い活躍を見せています」(同)

 そんな永にスポットライトが当たったのが、今年7月に公開された映画『スティルライフオブメモリーズ』だった。

「矢崎仁司監督が影響を受けた、フランス人写真家アンリ・マッケローニとその愛人の実話をもとに作られた作品で、永は安藤政信演じる写真家に自身の性器撮影を願い出る女性という役どころです。永が椅子の上でM字開脚になって女性器を見せつけ、それを安藤がカメラ越しに覗き込んでいるシーンは、エロス満点。ラストで女性器をさまざま角度から撮影したアップ写真が数十枚にわたり映し出されます。作中で永はヌードを披露し、前から後ろからすべてをさらけ出しています」(映画ライター)

 小池もこの大胆さに惚れ込んだのかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』