サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > ディーン・フジオカ、広瀬すず、菜々緒に続き、新垣結衣も日テレ絶縁か!?
1810_aragaki.jpg『新垣結衣 写真集 まっしろ』(小学館)

 少し前までは、フジテレビのドラマが爆死連発で、出演すると「俳優の商品価値が暴落する」と敬遠されたものだが、今や日本テレビのほうがフジ以上の“危険な局”になったかもしれない。

 10月14日に放送された新垣結衣主演のドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)第2話の平均視聴率が8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、初回の11.5%から急落。大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)でコンビを組んだ野木亜紀子氏の脚本とあって期待されたが、視聴者からは「内容が悪い」との声が殺到している。

「確かに、今のところは新垣が社畜になっているだけのドラマ。彼女がパワハラやセクハラされているシーンを観されれてもファンは辛いだけですし、不快なシーンのオンパレードですから、視聴者の批判の矛先は脚本家や日テレに向かっています。新垣をして1ケタ視聴率で終われば、『逃げ恥』の栄光が霞むことにもなり、日テレは彼女から絶縁状を突き付けられてもおかしくない」(テレビ関係者)

 実際、近年は日テレに商品価値を暴落させられ、“絶縁状”を叩き付ける俳優が相次いでいるという。

「まず、昨年10月期にはディーン・フジオカの連ドラ初主演作『今からあなたを脅迫します』が全話平均視聴率6.1%と爆死。武井咲のつわりで脚本が大幅に変更されることとなり、所属事務所のアミューズは大激怒していたといいます。今年1月期の広瀬すず主演の『anone』も同じく6.1%と撃沈。若手トップ女優の“黒歴史”を生み出したとして、担当プロデューサーは更迭させられる事態に。続く4月期には、菜々緒のゴールデン初主演の『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』に出演するも、こちらも8.2%と振るわなかった。放送前には『私の代表作になると思う』と語っていた菜々緒でしたが、パンチラ寸前のハイキックを売りにするセクハラ演出に耐えた末の惨敗に、本人は怒り心頭だったと報じられています」(芸能記者)

 日テレは3話以降で視聴率を再浮上させ、新垣の信頼をつなぎ止めておくことができるだろうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』