サイゾーpremium  > インタビュー  > 【Hideyoshi】大化けしたエモ・ラップの旗手
インタビュー
仲間たちと共に歩む、元“高校生RAP選手”

【Hideyoshi】元“高校生RAP選手”は、いかに若者の心を代弁する気鋭のラッパーへと化けたのか?

+お気に入りに追加

――近年、ロックをサンプリングしたビートの上で、自殺願望や精神薬について鬱々と歌う“エモ・ラップ”といわれる音楽がアメリカでトレンドとなっている。そして日本においても、その旗手が現れた――。

1810_CMYK_Hideyoshi_0804_hosei_520.jpg
(写真/山谷佑介)

 Hideyoshiという若手ラッパーが今年6月に発表した1st EP『Never Be the Same』は、現代の若者が抱える“心の問題”を吐露した作品だ。今、アメリカを中心に“エモ・ラップ”というヒップホップのスタイルが取り沙汰されている。ロック的なサウンドに乗り、抑うつ的な歌詞を歌うスタイルで、近年夭折し、世界中のファンを悲しませたリル・ピープ、XXXテンタシオンが代表者とされる。日本にいち早くそれを持ち込んだのがHideyoshiだが、ある向きには現在のMCバトル・ブームのきっかけとなったBSスカパー!の番組企画「BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権」(以下、「RAP選手権」)の第3回大会(2013年)に出場したM-6POと言ったほうがピンとくるかもしれない。

「Hideyoshiに改名したのは、今年の4月くらい。EPを出すにあたって過去の自分と決別しようと。裕福な環境で育ったわけじゃないし、日本らしさも出したかったので、豊臣秀吉にあやかりました」

 とはいえ、今と過去は1本のストーリーとしてつながっている。彼はコロンビア人と日本人のハーフで、千葉県船橋市に生まれた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

インタビュー

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』