サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 新垣結衣・松田龍平の“W主演”に漂う暗雲……「野木作品は直球イケメンNGなの?」
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

新垣結衣・松田龍平の“W主演”に漂う暗雲……「野木作品は直球イケメンNGなの?」

+お気に入りに追加
1808_aragaki.jpg『新垣結衣 写真集 まっしろ』(小学館)

 女優の新垣結衣が、10月スタートのドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)で主演することが発表された。

 2016年に旋風を巻き起こした『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の脚本家・野木亜紀子氏との再タッグとあって、当初は「ヒット間違いなし!」という雰囲気だったが、ある発表によって一転、微妙な空気になってきているという。

「今作は“等身大の現代女性”と“世渡り上手な毒舌男”によるラブコメディとのこと。しかし、相手役が個性派俳優の松田龍平、しかも『W主演』であることが判明すると、ネット上での反応が一変しています。新垣といえば、出演した映画『コード・ブルー』が大ヒット中ですが、こちらは山下智久が主演ということもあり、『逃げ恥』以来の“新垣主演ドラマ”をファンは待ち望んでいた。実際、放送される水曜10時の枠は9クール連続で女優が単独主演を張っていますから、なぜW主演なのかと不満を抱く人が続出しています。新垣と野木氏のタッグは今回で4度目ですが、これまで相手役を務めたのは綾野剛、岡田将生、星野源と、いずれもド直球のイケメン俳優ではないこともあり、女性たちからは『美男美女が観たかった』『野木作品は直球イケメンNGなのか』『龍平よりも翔太がよかった』といった声が多く聞かれます」(テレビ誌ライター)

 新垣と松田の共演は07年の映画『恋するマドリ』以来、11年ぶりとなる。松田が「久しぶりに一緒にお芝居が出来るのがとてもうれしいです」と語れば、新垣も「うれしいです! 当時私はまだ高校生で本当に子どもだったので、今回はご迷惑をおかけしないように頑張りたいと思います」と、共に再共演を楽しみにしている様子だ。

「しかし、松田は昨年、太田莉菜と離婚が成立。そのため新垣ファンからは『フリーになった松田に手を出されたらどうしよう』といった不安や、野木氏作品をまたヒットさせた後で、交際がウワサされている星野と『逃げ恥婚』になるのではと心配する人もいるようです」(芸能ライター)

 ほかにも、「タイトルがイマイチ」という意見も多く聞かれる同ドラマ。「W主演」となったのは、コケた時の責任を松田に押し付ける新垣サイドの“保険”だったりして?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』