サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 明石家さんまの「SMAPの後任にKing&Prince」発言が波紋! “老害”ぶりが露わに……
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

明石家さんまの「SMAPの後任にKing&Prince」発言が波紋! “老害”ぶりが露わに……

+お気に入りに追加

1807_sanma.jpg

 明石家さんまの“老害”ぶりに、ジャニーズファンが困惑していようだ。

 8月11日に放送されたラジオ番組『ヤングタウン土曜日』にて、パーソナリティを務めるさんまが売り出し中のジャニーズグループ・King&Princeについて言及した。

「さんまは声質が似ているという理由で、キンプリメンバーの平野紫耀を気に入っているらしく、番組では彼が出演したドラマ『花のち晴れ~花男Next Season~』(TBS系)の『お前はそれでいいのかよ』というセリフをモノマネ。さらに『そのうち共演するやろな。ファンの間では年末の“さんま&SMAP”のところを“さんま&キンプリ”にっていう声も上がっているくらいやから』と続け、共演の可能性を匂わせていました」(芸能ライター)

『さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル』(日本テレビ系)といえば、1995年から毎年クリスマス期間に放送されていたバラエティ特番。SMAP解散騒動によって、2015年の放送が最後となっている。

 どうやら、さんまにはSMAPの代わりにキンプリで番組を復活させたい思惑もあるようだが、この提案に猛反発しているのがSMAPファンだ。

「実は、さんまの発言の前日にスタートしたキンプリのデビューコンサートツアーに関して、SMAPファンが眉を潜める事態が勃発していたのです。デビュー曲『シンデレラガール』がヒットした彼らですが、持ち歌が少ないために先輩グループの楽曲のカバーで補っており、そこにはSMAPの『夜空ノムコウ』と『SHAKE』も含まれていた。ジャニーズを退所した元SMAPメンバーたちは楽曲が使えないばかりか、番組で曲名を言うことすらできない状況。にもかかわらず、キンプリがコンサートで歌っていたことで、『SMAP本人たちが歌えないのに無神経すぎる』との非難が殺到。そんな折に、さんまが『SMAPの後任にキンプリ』と発言したことで、『おこがましい!』と火に油を注ぐ形となったというわけです」(芸能記者)

 同ラジオ番組で自身のことを「死後硬直」状態であると語っていたさんま。あまり出しゃばった話はしないほうが賢明かも!?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

禁じられたSEX論

禁じられたSEX論

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【永尾まりや】肉じゃがが得意なんです。
    • 【遠山茜子】No.1ギャルと呼ばれる苦悩
    • 【AK-69】が語るヒップホップドリーム
    • 【電子たばこ】は身体に悪いのか?
    • 祝TBS退社!【いつも宇垣に恋してるッ】
    • 【メイカーの伝道師】が語る日本人が目指すべき道
    • 高須基仁/【ツイッター】下品さに喝
    • 【エイプリルフール】という祭り
    • 日本のスーパーが【アリババ】に制圧される日
    • 町山智浩/【ビリーブ】アメリカの未来を担う女性最高判事
    • 【勤勉さで経済大国に】という日本人の誤認
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/ちえみリボーン
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/【失恋ショコラティエ】で女たちは"第二希望"を受け入れた
    • 世界でファンを増やし続ける【SHIBARI】とは?
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【琉球】でビールを造る老舗酒販店の3代目
    • 伊藤文學/【薔薇族】万引きで自殺した少年
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』