サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 関ジャニ∞・錦戸亮が“子持ち人妻”に抵抗なかったのは『パパドル!』の影響だった?
1808_nidhikido.jpg

 ジャニーズファンに激震が走った。

 8月3日発売の「フライデー」(講談社)が、関ジャニ∞・錦戸亮と子どものいる関西人妻との不倫関係をスクープ。記事によると、2人が出会ったのは6年前のクラブで、錦戸のほうから声をかけてきたとのこと。そして女性をタクシーに乗せ、彼はキスを迫るなど“やりたいオーラ”を出していたという。

 この日は逃げられて“未遂”に終わったようだが、4年後に偶然再会すると、錦戸は肉体関係を持ち、以来、月1ペースで密会していたという。

「ジャニーズファンの反応は『不倫が許せない』ではなく、なぜモテ男の錦戸がわざわざ妻子のいる人妻と逢瀬を重ねていたのかという点。掲載された写真を見ても決してモデルのような体型ではなく、いかにも一般人という雰囲気だったため、『それなら私でもいいじゃない』と嫉妬している人も多く、記事では“友人”が暴露したことになっていますが、ベッド写真は当人しか持ちえないため、本人が持ち込んだ可能性もある。記事になればこの関係が終わるのは確実ですから、『せっかくこんなイケメンアイドルをゲットしたのに、それを手放すとかもったいなさすぎ』と呆れる声も飛び交っています」(芸能ライター)

 また、2人が出会った時期が、当時、交際報道のあった新垣結衣とかぶっていそうなことから、錦戸の“ゲス”ぶりが強調されており、イメージの急落は避けられない。

「錦戸は相手に妻子がいることを知っても『全然関心を示さなかった』といいます。そんな彼は12年にドラマ『パパドル!』(TBS系)に主演。同作は実在の芸能人である錦戸が一般人の3人の子を持つシングルマザーと極秘婚をし、その裏で起こる騒動を描いた内容でしたから、その経験が人妻や子持ちとの関係にも抵抗を感じなかったのでは、とうがった見方をする業界関係者もいます。いずれせよ、今後は人妻との共演がしにくい状況に追い込まれてしまったことは間違いない」(テレビ関係者)

 この人妻は「本気で好きになってしまった」と語っているというが、錦戸はどう責任を取るのだろうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号

禁断のSEX論

禁断のSEX論
    • 若者の42%が【チェリー】なSEX事情
    • ポルノ動画サイトの【奇妙なタグ】
    • ヤバい【動画タグ】10選
    • フェイクポルノ天国【中国】の技術力
    • 最先端の【AIモザイク除去】に驚愕
    • AV女優【ハダカの値段】は変わったか
    • 80年代人気AV女優は【風俗】へ?
    • 性的コンテンツにされる【貧困女子ネタ】
    • 【貧困】というコンテンツの課題
    • なぜ【第七世代】は童貞を表明するのか
    • 子どもに【性】を教える奥深き絵本
    • タブーを破る【新宿二丁目MCバトル】
    • 【MC漢】が語るオネエスタイルダンジョン
    • 【現役肉食JD】赤裸々SEX座談会
    • 堕胎産業が普及を阻む日本の【ピル】事情
    • 【ピル】の程普及率とマタハラ
    • 女性が描き読む【マンガのペニス】
    • 大島薫【BLのペニス】レビュー
    • 【ペドフィリア】のキワどい治療
    • 【ミーガン法】の成り立ちと欠点

とももともも初エロス

とももともも初エロス
    • 現役上智大生【とももともも】の美体

インタビュー

連載

    • 表紙/大間乃トーコ「ワンピースのボタンが飛んじゃうんです」
    • 【清水綾乃】健康美グラドル
    • 【KEIKO】とマナブ
    • モバイル研究家に聞いた【5G】への期待と不安
    • 【萱野稔人】人間の本性としての暴力と協力
    • 未知の可能性を秘めた【奥東京】
    • 【m-flo】多様性を体現する3人の帰還
    • 町山智浩/【ジョン・デロリアン】開発者と隣人がたどる数奇な運命
    • 【アマゾン大火災】と日本企業の関係
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/あるいは大腸菌でいっぱいの海
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【生理ちゃん】が男性にもたらした功績
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 麦芽ではなく【麹】で作るビールの美味
    • 更科修一郎/幽霊、精神的福祉国家の眠れる奴隷。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』