サイゾーpremium  > 連載  > 法“痴”国家ニッポン  > 河合幹雄の法痴国家ニッポン【67】/【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
連載
河合幹雄の法痴国家ニッポン【67】

【元スパイ襲撃さる】スパイによる本当の諜報活動と日本社会による“包摂的”防諜効果

+お気に入りに追加

法と犯罪と司法から、我が国のウラ側が見えてくる!! 治安悪化の嘘を喝破する希代の法社会学者が語る、警察・検察行政のウラにひそむ真の"意図"──。

元スパイ襲撃さる

1805_P120-121_01_200.jpg

2018年3月、イギリスでロシアの元情報部員とその娘が襲撃され、重体となる事件が発生。使用された神経剤が旧ソ連で開発されたものだったことから、メイ英首相はロシアの関与の可能性がきわめて高いと発表、制裁措置として外交官23人を国外追放した。ロシア政府は関与を否定しているが、欧米を中心に外交官追放の動きが広がっている。


 世界各地でしばしば露見し、ときに国際紛争の火種ともなる、各国の情報機関によるスパイ活動。2018年3月には、ロシアの元情報部員とその娘が、亡命先のイギリスで神経剤による襲撃を受けて重体となったニュースが世界を駆けめぐりました。同様の事件は世界中で発生している。17年2月、北朝鮮の金正恩労働党委員長の異母兄・金正男が、マレーシアの空港で殺害された事件などは、記憶に新しいところです。

 そうした中、こと日本国内に関していえば、各国のスパイ活動を現実的な脅威ととらえている国民はほとんどいないでしょう。18年2月、国際政治学者の三浦瑠麗による「北朝鮮のスリーパーセル(潜伏工作員)が大阪に潜伏している」といったテレビ番組での発言が猛批判を浴びたことからも、そのことを強く感じます。基本的にわが国では、海外で暗殺事件などが発生しても、映画の中のできごとであるかのようにしか受け止められない。しかし実際はどうなのか。日本における各国情報機関の活動実態と、対するわが国の情報収集・安全保障システムの存在、今回はそのあたりについて考えたいと思います。

 大国の情報機関による活動は、しばしば世界の趨勢すら左右してきました。アメリカの中央情報局(CIA)は、古くは1954年にグアテマラでクーデターを起こして社会主義政権を転覆させ、最近では2011年、アルカーイダの指導者オサマ・ビンラディンの殺害に深く関与したとされます。一方ロシアの情報機関、すなわち旧ソ連におけるソ連国家保安委員会(KGB)や現在のロシア連邦保安庁(FSB)も、CIAと一、二を争う組織として派手なスパイ活動を展開してきました。

 当然そうした情報活動は、わが国の歴史にも影響を及ぼしてきたと考えられます。その実例としてよく取りざたされるのが、49年に発生した下山事件・松川事件・三鷹事件、いわゆる「国鉄三大ミステリー事件」です。真相が闇に包まれているこれら3件について、多くの関係者や専門家が、CIAあるいはKGB前身組織の関与があったと指摘しています。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』