サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 最上もがの年齢告白ででんぱ組が「おばさんグループ」に
ニュース
【premium限定ニュース】

最上もがの年齢告白ででんぱ組が「おばさんグループ」に

+お気に入りに追加
1803_mogami.jpg『最上もが2nd写真集 『MOGAMI』 』(集英社)

 最上もがの“カミングアウト”が大反響となっている。

 2月25日、最上は自身のツイッターで「29歳になりました! ありがとうございます。二十代最後!」と年齢を初公表。26日に行われた2nd写真集『MOGAMI』(集英社)の発売記念イベントで、「モヤモヤさせるくらいなら言っちゃったほうがいいなとずっと思っていて」と、その真意を語った。

「彼女が昨年まで所属していたアイドルグループ『でんぱ組.inc』は、全メンバーが年齢非公表。すでに卒業しているとはいえ、年齢を明かしたことはもちろん、見た目よりも実年齢がかなり上だったことにファンも驚きを禁じ得ないようでした」(アイドル誌ライター)

 最上は「スッキリした」と言うものの、これを看過できないのが現メンバーたちだ。反響を受けて夢眠ねむはツイッターにて、「なんで年齢非公開かって、結成当時の秋葉原ではハンドルネームで交差する際に本名や職業や性別までわざわざ聞くなんて無粋だったわけで」と年齢非公表の理由を説明。夢眠本人は「気にしていない」と言うものの、はらわたは煮えくりかえっていたようだ。

「最上が29歳ということを考えれば、他のメンバーもアラサーだと察しがつきます。一般的なアイドルとしては高齢であることは間違いなさそうで、『おばさんアイドルグループ』の印象が付いてしまった。夢眠のツイートには誕生日の祝福コメントはなく、年齢についての反論のみだったことからも、かなり怒っていたのではないでしょうか」(前出・アイドル誌ライター)

 さらに、最上本人へのマイナス影響も考えられるという。

「でんぱ組では、最上の知名度だけが突出していました。その原動力となったのが『ヤングジャンプ』です。早い段階から彼女に目をつけ、定期的に表紙&巻頭グラビアを展開しファンを獲得していった。しかし、『ヤンジャン』は青年誌で、主な読者層は20代。となると、彼らが恋愛対象の延長として見るには、29歳はややお姉さんすぎてリアリティがない。写真集ではヒップの割れ目まで披露していますし、どちらかというと壇蜜のようにオヤジ週刊誌のほうがしっくりくるキャラになった。ファン層の大幅な入れ替えが進みそうです」(出版関係者)

 15年に発売した1st写真集はオリコン初週1位を獲得する好セールスを記録したが、今回のカミングアウトが2nd写真集の売れ行きにどう影響するのか見物だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』