サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 菜々緒と“熱愛報道”の菅田将暉が、女性を敵に回す禁断発言
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

菜々緒と“熱愛報道”の菅田将暉が、女性を敵に回す禁断発言「四捨五入したらアラサーで……」

+お気に入りに追加
1802_suda.jpg『菅田将暉 アーティストブック 『 20+1 』』(ワニブックス)

 昨年のブレイク俳優ランキング1位、国宝級イケメンランキング1位に輝いた菅田将暉が、女性ファンから大ブーイングを浴びている。

 2月22日発売の「女性セブン」(小学館)が、菅田と菜々緒のお泊り現場をスクープ。ドラマ、映画、CMなど共演することの多い2人だが、報道によれば、菜々緒の自宅マンションで13時間も親密な時を楽しんだという。

「菅田はこれまで二階堂ふみ、広瀬アリス、本田翼らとの熱愛が報じられていますが、過去に好みの女性について『クレオパトラ、エキゾチックで横顔好き』と語っており、菜々緒の顔はストライクど真ん中だったのでしょう。しかし、直近では本田との交際報道があったため、菅田の二股疑惑やポイ捨て疑惑が持ち上がり、女性からの好感度がダダ下がりです」(女性誌ライター)

 そして最悪だったのが、報道の出たタイミング。菅田は昨年、auのCM曲「見たこともない景色」でCDデビューし、ミュージシャンとしても活動している。そして、菜々緒とのお泊り記事がネットで報じられた21日は、菅田の25歳の誕生日で、大阪でのライブが行われた日だったのだ。

「そのため、ネット上では『楽しみにしてたのにテンション下がった』『どんな気持ちでライブを観ればいいの』『3月に出るアルバムも買うのや~めた』と、落胆する女性ファンからのコメントで埋め尽くされました。若い女性から支持されている菅田ですから、ファン離れが懸念されます」(芸能記者)

 さらにこのライブで、菅田は若い世代以外の女性層の反発を買う発言までしてしまったという。

「菅田は笑顔を浮かべながら『25歳最初の日です。四捨五入したらアラサーです』と語ったのです。しかし、この発言がスポーツ紙で報じられるや、女性が多く集まるネット掲示板では『年齢を四捨五入する意味がわからない』『25歳がアラサーっていうとなんかムカつく』『アラサーが30歳前後って意味だろが』と、とりわけアラサー世代をイラつかせることに。本人はオトナになったとか、もう若手でなく中堅だと言いたかったのかもしれませんが、女性の前で年齢トークはするべきではなかったですね」(前出・女性誌ライター)

 この失点も、自慢のルックスでカバーしてしまうのだろうか……?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』