サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 実写版『天才バカボン』第3弾が進行中……あの男が「ウナギイヌ」で登場する!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

実写版『天才バカボン』第3弾が進行中……あの男が「ウナギイヌ」で登場する!?

+お気に入りに追加
1802_cream.jpg『くりぃむしちゅー語入門 (新潮文庫)』(新潮社)

 ついに、あの男の出番がやってくる!? 故・赤塚不二夫の国民的ギャグマンガ『天才バカボン』実写ドラマ第3弾の企画が進行中だという。

『バカボン』を実写化したスペシャルドラマは、2016年3月に日本テレビ系で放送され、平均視聴率12.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、17年1月に放送された第2弾は9.5%をそれぞれ記録している。

「第2弾は下落したものの、日テレ内での評価は上々。第3弾の放送は、今年のゴールデンウィークが濃厚のようです。しかも、その結果いかんでは10月以降の連ドラ化の可能性もあるといいます」(テレビ関係者)

 同作では、くりぃむしちゅーの上田晋也がバカボンのパパを演じ、息子のバカボンはおかずクラブのオカリナ、バカボンのママは松下奈緒、レレレのおじさんを小日向文世が演じている。主演の上田はハマリ役と賞賛されたが、一方で相方の有田哲平の登場がないことを残念がった視聴者も多かった。

「そんな待望論に応える形で、どうやら第3弾では有田が『ウナギイヌ』にキャスティングされるようです。ウナギイヌはアニメ版に登場したキャラで、イヌの父とウナギの母との間に生まれたハーフ。黒いウナギの胴体にイヌの4本足を備えており、言葉遣いがていねいで、語尾には『ワンワン』をつけるのが特徴です。イメージだけでいえば上田にも負けないハマり具合なだけに、架空の生物を有田がどう演じるか楽しみですね」(同)

 バカボン一家の脇を固める名物キャラクターに有田が加われば、前2作をしのぐ高視聴率が期待できそうだが……。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

ドラッグの教科書

ドラッグの教科書
    • 【薬物四法】の成立秘話
    • 【日米マリファナ】最新(裏)事情
    • 【大麻と人種】に迫るドキュメンタリー
    • 【舐達麻】がブチかます大麻論
    • 【幻覚剤】の医学的研究
    • 【ミッドナイト・ゴスペル】の見方
    • 【米ラッパー界】ドラッグ最新事情
    • 【元売人トリオ】と契約したエミネム
    • 【ドラッグ表現】の最前線
    • 【満州アヘンスクワッド】麻薬と昭和
    • 【人類とドラッグ】の1万年史
    • 【アンサングシンデレラ】薬剤師はどう見たか
    • 【処方薬】に蝕まれる日米社会
    • 【大麻成分CBD】のグレーゾーン
    • 【CBD】がよくわかるブックガイド
    • 【緊急避妊薬】と堕胎利権
    • 【ピル市販】海外の実態
    • 【サイケデリックス】と宗教的体験
    • マンガの【トンデモドラッグ描写】
    • 【シャブとサウナ】都市伝説を徹底調査

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載