サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 実写版『天才バカボン』第3弾が進行中……あの男が「ウナギイヌ」で登場する!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

実写版『天才バカボン』第3弾が進行中……あの男が「ウナギイヌ」で登場する!?

+お気に入りに追加
1802_cream.jpg『くりぃむしちゅー語入門 (新潮文庫)』(新潮社)

 ついに、あの男の出番がやってくる!? 故・赤塚不二夫の国民的ギャグマンガ『天才バカボン』実写ドラマ第3弾の企画が進行中だという。

『バカボン』を実写化したスペシャルドラマは、2016年3月に日本テレビ系で放送され、平均視聴率12.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、17年1月に放送された第2弾は9.5%をそれぞれ記録している。

「第2弾は下落したものの、日テレ内での評価は上々。第3弾の放送は、今年のゴールデンウィークが濃厚のようです。しかも、その結果いかんでは10月以降の連ドラ化の可能性もあるといいます」(テレビ関係者)

 同作では、くりぃむしちゅーの上田晋也がバカボンのパパを演じ、息子のバカボンはおかずクラブのオカリナ、バカボンのママは松下奈緒、レレレのおじさんを小日向文世が演じている。主演の上田はハマリ役と賞賛されたが、一方で相方の有田哲平の登場がないことを残念がった視聴者も多かった。

「そんな待望論に応える形で、どうやら第3弾では有田が『ウナギイヌ』にキャスティングされるようです。ウナギイヌはアニメ版に登場したキャラで、イヌの父とウナギの母との間に生まれたハーフ。黒いウナギの胴体にイヌの4本足を備えており、言葉遣いがていねいで、語尾には『ワンワン』をつけるのが特徴です。イメージだけでいえば上田にも負けないハマり具合なだけに、架空の生物を有田がどう演じるか楽しみですね」(同)

 バカボン一家の脇を固める名物キャラクターに有田が加われば、前2作をしのぐ高視聴率が期待できそうだが……。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』