サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 韓国歴史映画は本当に反日か?【1】/日本公開不能な【反日映画】
第1特集
韓国歴史映画は本当に反日か?【1】

従軍慰安婦に強制労働……日本と朝鮮半島の歴史――映画館に右翼の街宣が来る!? 日本公開不能な“反日映画”

+お気に入りに追加

近くて遠いと呼ばれる日本と韓国。韓国の近代史はすなわち、日本からの侵略の歴史であり、現代でも日本を敵視する人々は多い。それがゆえに、娯楽からドキュメンタリータッチのものまで、この歴史を取り扱った韓国映画がたくさん制作されてきたが、日本ではなかなか公開できないようだ。

従軍慰安婦に強制労働……日本と朝鮮半島の歴史――映画館に右翼の街宣が来る!?日本公開不能な反日映画の画像1
【1】取材を元にひとつの歴史として淡々と描かれた『鬼郷』。映画を見てみると、ショッキングなシーンも多い。

 韓国では映画産業が堅実な成長を維持している。韓国映画振興委員会が発表した報告書によると、映画産業の売上高は10年から15年まで最高記録を更新し続けてきた。また、映画観客動員数は、5年連続(12~16年)で1億人を突破。17年は、上半期だけで1億人の大台を突破している。韓国の人口は約5000万人なので、国民ひとりあたり、年間2回以上は劇場に足を運んでいる計算だ。

 国内映画が好調なのも、韓国映画産業の特徴だ。16年には、高速列車を舞台にした新感覚ゾンビサスペンス作品『新感染 ファイナル・エクスプレス』(原題:釜山行き)が、観客動員数1156万1594人で年間トップを獲得。第2位には、こちらも国内映画『華麗なるリベンジ』(970万6695人)がランクインしている。なお、韓国ではハリウッド作品も人気が高いが、昨年は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(867万6320人)が最高で、総合では先の2作に次ぐ第3位となった。

 年間1位の観客動員数が1000万人以上とは、動員数が100万、 200万で驚いている日本の映画界から見れば驚きの数字だが、17年に入っても、国内映画の勢いは止まらない。上半期のランキングでは、『共助』『ザ・キング』『ザ・プリズン』など韓流映画3作品が、上位トップ3を独占している。

 そんな韓国国内で人気を博した韓国映画が日本に輸入されることは、いまや珍しいことではなくなった。過去にさかのぼれば、04年に約30億円の興行収入を叩きだした『私の頭の中の消しゴム』などが思い浮かぶが、そのほかにも日本の映画ファンに愛された作品は数多い。前述した『新感染』や『華麗なるリベンジ』も、すでに日本で公開が始まっており、特に『新感染』は日本でも“ゾンビ映画の新機軸を打ち出した”として、高い評価を得ている。

 その反面、韓国や日本の映画関連のニュースを見ていると、不思議なことに気付く。昨今、韓国社会で大きく話題となった映画が、日本の映画館では公開されないといったケースが目立ってきているのだ。それら、日本で放映されない韓国映画には、「歴史もの」、特に近現代をテーマとして扱っているという共通点がある。

慰安婦問題テーマで櫻井よしこがかみついた!

従軍慰安婦に強制労働……日本と朝鮮半島の歴史――映画館に右翼の街宣が来る!?日本公開不能な反日映画の画像2
日本の保守系論客・櫻井よしこは、連載で『鬼郷』を反日作品だとかみついた上に、ブログでも再掲載して批判を展開。そろそろ前向きな話も見てみたいが……。

 16年に、韓国社会で大きな関心を集めた作品のひとつに『鬼郷』【1】がある。同作のストーリーは、第二次世界大戦当時、日本軍によって強制的に従軍慰安婦に貶められた少女たちの人生にスポットをあて、戦争の凄惨さを描くというものだ。監督は、慰安婦関連団体で長らくボランティアに従事してきたチョ・ジョンレ氏。韓国映画業界の内部に詳しい関係者A氏は言う。

「韓国国内の慰安婦関連の活動は、大きく2つの勢力に分かれます。ひとつは、日本政府から公式な謝罪を勝ち取り、慰安婦被害女性の尊厳回復を最終的な目的とする勢力。もうひとつは、歴史問題をお金で解決しようという勢力です。

チョ監督は、その2つの勢力を隔てることなく、元慰安婦たちへのボランティアを続けてきた人物。10年以上かけて映画の構想を固め、資金繰りに奔走しましたがなかなか実現できず、最終的にクラウドファンディングを通じて1億円以上の資金を集め、ようやく制作にこぎつけました」

 同作は、公開からわずか5日にして観客動員数100万人を突破。韓国世論の後押しもあり、上映回数も爆発的に増加していった。公開日となった16年2月24日には512スクリーン・全2130回が封切りされたが、3日後の27日には769スクリーン、全3215回にまで上映回数が膨れ上がっている。韓国国内における観客動員数は、最終的に350万人を突破した。

『鬼郷』が韓国国民の支持を受け、異例のヒットを飛ばしていた当時、日本の保守系メディアや知識人からは、一斉に批判の声が上がっていた。「歴史をねつ造している」「反日感情を煽るだけのデタラメ」というのが、その批判の中心内容だった。要するに「“反日”映画けしからん」というわけだ。

 例えば、政治ジャーナリストの櫻井よしこ氏は、自身のオフィシャルサイトのブログに、「映画『鬼郷』に見る韓国反日感情の虚構」という題名のコラムをわざわざ掲載。厳しく責め立てている。

〈「朝日新聞」が虚偽だったと認めて全面的に取り消した吉田清治氏の捏造物語のような話が映画になったのだ。強制連行だけでもあり得ないが、映画はさらにあり得ない話を、史実であるかのように描いている〉

 そんな“『鬼郷』批判”に対して、日本で就学中の韓国人留学生のひとりからはこんな声がある。

「細かいディテールは別として、過去に日本軍による従軍慰安婦の問題があったのは紛れもない事実です。日本の保守系知識人が、苦言を呈したがる意味があまりわかりません。しかも『鬼郷』は、本質的に、戦争という普遍的な悲劇に対して批判を向けている作品です。それを反日と捉えてしまうのは、いかがなものかと思いますね」

 韓国国民が抱える従軍慰安婦問題への視点を作品として提示した『鬼郷』だが、作品のヒットもあって、17年9月には『鬼郷:終わらない物語』という続編作品も公開されている。両作品は、日本の映画館では正式に公開されておらず、現在、自主上映会という形で、ひそかに各地を巡業しているという。

「従軍慰安婦など日本帝国主義の負の遺産を描いた作品を日本で上映すると、右翼の街宣車が押し寄せて暴言を吐くなど、必ずと言ってよいほど激しい邪魔が入ります。

 日本でも幾つかの独立系の映画館が公開を検討していたのですが、そういった暴力に対する懸念が理由で断念したそうです。そのため、日本では『鬼郷』の自主上映会の予定をおおっぴらには公開していません」(前出A氏)

巨額の「反日」大作に日本の保守系メディア歓喜!?

従軍慰安婦に強制労働……日本と朝鮮半島の歴史――映画館に右翼の街宣が来る!?日本公開不能な反日映画の画像3
【2】製作費22億円が投じられた大作『軍艦島』では、島内での生活も大規模なセットで描かれている。イケメン俳優などが多数出演しており、戦前の強制労働などを知らない世代からすると、異国の物語としてみてしまうかもしれないが……。

 また、『鬼郷』に続き、昨年末から今年にかけて、韓国で大注目を浴びた歴史映画に『軍艦島』【2】がある。

 こちらは、インディーズ映画の性格が強い『鬼郷』とは異なり、韓国の有名どころが集結したメジャー作品となった。監督は、韓国映画界の期待の星、リュ・スンワン氏。俳優陣にはソン・ジュンギ、ソ・ジソブなど日本でも名の知れた韓流スターがキャスティングされた。投じられた製作費は総額約22億円で、観客動員数も750万人を突破。一言で表現するならば、「超話題作」である。

 ただ、この『軍艦島』も、「日本では配給がつかない可能性が高い」(A氏)のだという。というのも、映画の題材が戦時中の「朝鮮人強制労働」を描いたものだからだ。

「映画『軍艦島』は、日帝占領期に島で強制的に働かされていた朝鮮人労働者約400人が、脱出を試みるというアクション映画です。日本では、公開前から“反日映画”としてかなり話題になっていましたから、映画館で上映するのは難しいのではないでしょうか」(同)

 一方、保守系メディアの動向に詳しい記者B氏は次のように話す。

「『軍艦島』が撮影に入った時期から、日本の保守系メディアや知識人は“大盛り上がり”。編集部や記者たちは、どうにか内容を先に入手して批判のネタを見つけられないかと、方々で動いていたようです。反日映画は問題だとする記事を書いている割に、ネタがみつかってうれしそうでしたよ(笑)」

 このように、韓国で話題になったのにもかかわらず、日本の映画館で上映されていない、もしくは配給がつかないと予想されていた韓流歴史映画はまだまだある。

従軍慰安婦に強制労働……日本と朝鮮半島の歴史――映画館に右翼の街宣が来る!?日本公開不能な反日映画の画像4
【3】『徳恵翁主』(韓国・2016年公開)。朝鮮王朝最後の皇女・徳恵翁主を演じたのは、『私の中の消しゴム』のソン・イェジン。
【4】『バトル・オーシャン 海上決戦』(韓国・2014年公開)。実は、日本の俳優で最近注目を集めている、大谷亮平も出演している。

 日本に連行された大韓帝国最後の皇女の悲哀や人生を描いた『徳恵翁主』【3】、豊臣秀吉の朝鮮出兵への抵抗を描いた『バトル・オーシャン 海上決戦』【4】(原題:鳴梁)、関東大震災時の朝鮮人虐殺を隠ぺいしようとする、日本帝国主義と抗日運動家の戦いを描いた『朴烈』【5】などが代表例だろう。(※『徳恵翁主』は、『ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女』というタイトルで、今年6月に日本でも公開となった。映画.comの評価で3・6と、荒れがちなCGMサイトでもそれなりに評価を受けており、またDVDとしてソフト化もされている模様)

 一方、戦時中や植民地時代を描いていても、日本の映画館で問題なく上映されている作品もある。

従軍慰安婦に強制労働……日本と朝鮮半島の歴史――映画館に右翼の街宣が来る!?日本公開不能な反日映画の画像5
【5】『朴烈(パク・ヨル)』(韓国・2017年公開)。大正時代の日本も舞台となっているだけあって、日本人の俳優も多数出演している。
【6】『隻眼の虎』(韓国・2015年公開)。日本では、クロックワークスの配給で、2016年に、無事公開となった。

 朝鮮半島から虎がいなくなった理由を植民地時代にさかのぼって描いた『隻眼の虎』【6】や、抗日独立運動団体と日本の警察の暗闘を描いた『密偵』【7】などがそれにあたる。それら韓流歴史映画が「放映される・されない」の線引きはどこにあるのだろうか。

「映画館側の自主規制、言い換えれば忖度がもっとも大きな理由でしょう。『軍艦島』などは、公開前から“反日”映画として注目されてしまった。上映したら批判は避けられないだろうし、興行的な算段も立たない。もうひとつ考えられるのは、単純に商品として魅力がないから。配給する側も当然、もとがとれるかどうかは作品を見極めますからね」(前出・A氏)

従軍慰安婦に強制労働……日本と朝鮮半島の歴史――映画館に右翼の街宣が来る!?日本公開不能な反日映画の画像6
【7】『密偵』(韓国・2016年公開)。『渇き』や『スノーピアサー』など、日本人でも知っている作品に多数出演している韓国の俳優、ソン・ガンホが主人公。
【8】『タクシー運転手』(韓国・2017年公開)。同じく主演はソン・ガンホ。韓国での観客動員数は驚きの1200万人! 日本では来年公開予定だが、どれくらい動員できるだろうか。

 今年、韓国では『タクシー運転手』【8】という映画が大ヒットを飛ばした。観客動員数は1200万人を超え、『軍艦島』を圧倒的に凌ぐ結果となった。テーマは、80年に韓国軍事独裁政権が起こした民衆弾圧「光州事件」。親日独裁政権を批判しているという意味で、“反日”の要素がないとは言えなくない作品だが、日本の映画館でも上映される可能性が高い。

「小さなものが大きなものに立ち向かうという物語は、国を問わず、およそすべての人にとって魅力的なテーマです。韓国国内では、侵略者であった大日本帝国やその遺物に立ち向かうというストーリーがウケやすいのだと思います。一方で、それを日本で公開してもどう受け取られるかは、未知です」(同)

 なお韓国ではここ数年、歴史物ブームが起こっている。映画だけではなく、ドラマやゲームなどでも歴史をテーマにするクリエイターが増えてきているのだ。そのような状況の中、韓国の近現代史を描こうとすると、日本による占領期や、その後の独裁政権時代を“なし”にすることはできない。むしろ、その時代がなければ、現在の韓国はないとさえ言うことができる。

 結果、一部の歴史映画が“反日”のレッテルを貼られ、日本の保守系の人々のネタにされるという構図がそこにはある。

「日本では太平洋戦争を描いた『永遠の0』や『男たちの大和/YAMATO』などが、愛国的な意味合いも込めつつ、青春物語としてヒットしましたよね。そう考えると、日本と韓国の歴史映画は、五十歩百歩ではないでしょうか。そもそも、自分とは異なる人々の考えを知るのも、映画の魅力のひとつ。こうした日本との歴史的な関係性を描いた部分がある映画を“反日”だと問題視するのもいいのですが、ひとつの物語として楽しめばよいと思います。

 そういえば、宮崎駿監督の作品『風立ちぬ』は、太平洋戦争を賛美するような内容があるとして韓国では批判の的になりましたけど、あちらの映画館が上映を自粛するなんてことはありませんでした」(前出・B氏)

 韓国の歴史映画を見ていて興味深いのは、日本の俳優陣がキャスティングされることが増えてきているという点。逆の場合もまたしかりである。映画という舞台で、ナショナリズムや歴史観の相違を埋めることは非常に難しいかもしれない。それでも、日本と韓国の業界関係者の交流が続くことで、本当に面白い「日韓歴史映画」が生まれてくることに期待していきたい。

(文/河 鐘基)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ