サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 大酷評の実写版『鋼の錬金術師』、頼みの綱は“ワンピース商法”しかない!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

大酷評の実写版『鋼の錬金術師』、頼みの綱は“ワンピース商法”しかない!?

+お気に入りに追加
大酷評の実写版『鋼の錬金術師』、頼みの綱は“ワンピース商法”しかない!?の画像1
映画『鋼の錬金術師』公式サイトより

 またひとつ、コミック原作の実写化映画で黒歴史作品が誕生してしまったようだ。

 Hey! Say! JUMP・山田涼介が11月15日、都内で行われた主演作『鋼の錬金術師』(12月1日公開)のジャパンプレミアに出席。「原作を知らなくても、誰でも楽しめる作品。ぜひ、僕らと冒険に出かけましょう」と主人公のエドワード・エルリックを演じた本作をアピールした。

 同作は『ハガレン』の愛称で知られる荒川弘の人気コミックで、累計7000万部の大ベストセラー。ファンタジー世界を舞台に、失った母を生き返らせるため人体錬成の禁忌を犯したエド(山田)とアル(水石亜飛夢)兄弟が、絶大な力を秘めた賢者の石を求め旅する姿を描いている。

 しかし試写会後、ネット上では一部の原作ファンからの酷評レビューが飛び交い、「クソ映画すぎて観終わったあと号泣しました」「二度と観たくない」「キャラクターの性格・設定を改悪していて胸糞悪かった」といった落胆の声で埋め尽くされる事態となっている。

 人気コミックの実写化は、作品への思い入れの強いファンが多いことから、これまでも『進撃の巨人』や『テラフォーマーズ』などが大爆死している。ところが、ジャニーズタレントの主演作とあってか、今回の映画では、しっかりと“保険”が賭けられているようだ。

「映画の観客には、荒川氏が7年ぶりに手掛けた新作漫画『鋼の錬金術師』0巻が特典として配られることになっているのです。原作コミックをコンプリートしているファンなら、絶対に手に入れたいアイテムで、“(鑑賞代の)1,800円で0巻を買う”つもりで劇場を訪れる人は多いでしょうね」(漫画誌編集者)

 人気コミック原作が実写映画化される際の“特典本商法”といえば、過去には尾田栄一郎原作による映画『ONE PIECE FILM GOLD』に『ONE PIECE777巻』のプレゼントを付け、興行収入53億円の大ヒットを飛ばしたことが記憶に新しい。また。『ONE PIECE film STRONG WORLD』では、来場者先着150万人に描き下ろしマンガ『ONE PIECE 巻零(ゼロ)』がプレゼントされ、興行収入48億円を記録。『ONE PIECE』の映画版の中でそれぞれ2位、3位の好成績に繋げている。

 特典終了後、『ハガレン』の興業成績はナイアガラの滝のように垂直降下とならなければいいが……。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』