サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 誰も知らなかった安室奈美恵の近況と心境
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

“育ての親”も歴代番記者も誰も知らなかった安室奈美恵の近況と心境

+お気に入りに追加
1709_amuro.jpg
『namie amuro LIVE STYLE 2016-2017 [DVD]』(Dimension Point)

 歌手の安室奈美恵が20日に来年9月16日での引退を電撃発表してから一夜明けた21日、各スポーツ紙は一面や芸能面を割き大々的に報じた。

「今月17日の安室の25周年記念コンサートは所属レコード会社のエイベックスが各紙の番記者をアゴ足付きで招待して取材させています。エイベックスにしても、各紙にしても、その3日後にまさかこんな重大発表があるとは夢にも思わなかったはずです」(ワイドショー関係者)

 引退報道を受け、「スポニチ」は安室が15年1月に独立するまでデビュー以来23年所属していた「ライジングプロ・ホールディングス」の平哲夫社長を取材して記事を掲載。

 平社長は引退の一報を所属レコード会社からの連絡で知ったというが、開口一番「あいつの美学なんだろうね」と説明。「来年の9月までの1年間、どれだけ密度の高いパフォーマンスを披露できるか?それが彼女のテーマだろうし、楽しみにしています」とエールを送ったという。

「いくら袂を分かったとはいえ、本来ならばまず平氏にあいさつするなり、電話で伝えるなりするのが筋というもの。しかし、今や、安室が本音を打ち明けられるのは交際が報じられている音楽プロデューサーのN氏のみ。もともと、独立をすすめたのもN氏だったし、安室は平氏よりN氏を選んだ」(音楽業界関係者)

 また、一部のスポーツ紙には番記者たちのコラムが掲載された。

 なかなか一般人には知り得ないような、安室が日本の音楽界でトップに登り詰めた理由がうかがい知れるコラムだったが、いずれも今から15年以上も前のエピソードだった。

「当時は取材も受けていたが、売れっ子になってよりアーティスト性を高めテレビにも出ないようになってからはインタビューも受けないためメディアの人間と接触することはなくなった。安室がプライベートで遊ぶスタイリスト、ヘアメイク、ファッションライターらいわば“自分寄り”の人間ばかり。そのため、記者たちがコラムをかこうにも、安室の胸中を推察するしかない。平氏でさえ分からないのだから、メディアの人間が引退を決断した理由を知るはずがない」(芸能デスク)

 安室の引退まで残り1年を切ったが、メディアが直接本人の声を聞く機会が設けられるのかが注目される。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』