サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 芸能界のドンが再び実権を握った!旧態依然レコ大の行方
ニュース
バーニング今年のゴリ推しはNOBU…って誰だ!?

芸能界のドンが再び実権を握った! 旧態依然レコ大の行方

+お気に入りに追加

週刊誌の買収疑惑報道の影響とは?

本誌では再三、レコ大の受賞には“上納金”が必要であると報じてきたが、昨年、その証拠となる領収書の存在を「週刊文春」(文藝春秋)が報じた。さらに同誌上で、主催者である日本作曲家協会の会長が異例ともいえる謝罪を行った。これにより、レコ大が健全化されるかと思われていたが……。

芸能界のドンが再び実権を握った! 旧態依然レコ大の行方の画像1
日本作曲家協会のHP。

 今や、『輝く!日本レコード大賞』(TBS)といえば、音楽業界最大の“賞レース”としてだけではなく、“出来レース”として広く知られている。ノミネートされるアイドルグループらを鑑みても、もはや「誰が受賞するのか」ではなく、「好きなアーティストがどんなパフォーマンスを見せてくれるのか」、ということに視聴者の興味が移っているかのように思われる。

 とはいえ、芸能界のドンこと周防郁雄社長が率いるバーニングプロダクションをはじめ、一部の大手芸能プロダクションが政治力を発揮する「大賞」「最優秀歌唱賞」「最優秀新人賞」などの選考をめぐっては、毎年、業界のお歴々が受賞を狙って水面下で暗躍している。事実、昨秋には、三代目J Soul Brothersに大賞を獲らせようとしていた大手芸能事務所のLDHに対して、バーニングが1億円を要求する請求書が存在したことを「週刊文春」(文藝春秋)が報じて話題を集めた。

 週刊誌の芸能デスクが語る。

「バーニングが、レコ大を主催する日本作曲家協会【1】や後援するTBS、各賞の審査に携わるスポーツ紙や一般紙、テレビ局などの音楽担当記者に強い影響力を持ち、半ば牛耳っていることは業界内では常識だったとはいえ、請求書の写しを誌面上で公開したインパクトはさすがに大きかった。

 この報道により、レコ大に対する世間の風当たりの強さが一層増したと言ってもいいでしょう」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』