サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 話題になったのはアンタッチャブルの不仲説...
1512untouchables.jpg
『アンタッチャブル柴田英嗣の日本一やかましい動物図鑑』(講談社)

 12月6日、『M-1グランプリ2015』(テレビ朝日系)が放送され、トレンディエンジェルの初優勝で幕を閉じた。今年、5年ぶりの復活となったが、全体的にこれまでよりもスケールダウンした感は否めない。お笑い関係者が番組を振り返る。

「やはり一番大きかったのは、審査員が松本人志などの大御所ではなく、歴代チャンピオンに代わったことでしょう。挑戦者もコンビ結成15年以内に拡張されたため、審査員と挑戦者が同期というケースも見受けられ、上下関係があいまいになっていた。そのため、“あの大御所がそう採点するなら仕方ない”感もなく、多分に情実が入っていたように見えました。実際、審査員を務めた、ますだおかだの増田英彦とブラックマヨネーズの吉田敬は、採点にさまざまな感情が入り混じっていたことを告白しています」

 また、敗者復活もこれまでは大井競馬場からだったのが、テレビ朝日のすぐ横に。視聴者には会場費や移動の車代をケチっているようにも映った。

「優勝の副賞にあったファミマのプレミアムチキン1000本には失笑が起きていました。無名の新人枠も変人キャラばかりで印象に残らなかったですね。むしろ気になったのは、出場者よりも、審査員に2004年優勝のアンタッチャブルだけがいなかったこと。山崎弘也が一度芸能界を引退した柴田英嗣を許していないのは有名な話ですが、今回の審査員はコンビのうち一人が出るスタイル。それでも出ないということは、『アンタッチャブル』としては出たくないということでしょう。二人の不仲は相当根深そうです」(前出・お笑い関係者)

 さまざまな欠陥が露呈した「M-1グランプリ」。果たして来年もあるのだろうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学
    • 【美人コンテンツ】炎上考現学
    • 複雑化する【ミスコン】批判の論点
    • 【ミス・ユニバース】の問題点
    • 【世界で最も美しい顔】の胡散臭さ
    • 【柳美稀】が魅せた美グラビア
    • 進化する【美ジネス】の最前線
    • 【整形大国・韓国】の顔採用事情
    • 【ブス作品】とルッキズムの関係
    • 傑作【ブス主人公】作品レビュー
    • 【スダンナユズユリー】がネオ・レディースに!
    • 【ディスニー・プリンセス】変遷の記録
    • 【キリスト教】の女性受容史
    • 【日本酒と美人】の意外な歴史
    • 知っておくべき【5大美人酒】
    • 【地域別美人言説】の謎を追う!
    • 【ジブリヒロイン】芸能界ドラフト会議

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

NEWS SOURCE

    • 自民党と【創価学会】の不協和音
    • 【沢田研二】だけじゃない空席問題
    • 脆弱な日本の【サイバーセキュリティ】

インタビュー

    • 【是永瞳】大分から来た高身長ガール
    • 【六道寺】特攻服のママさんシンガー
    • 【ちぃたん☆】絶賛炎上中のゆるキャラ

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』