サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 話題になったのはアンタッチャブルの不仲説...
1512untouchables.jpg
『アンタッチャブル柴田英嗣の日本一やかましい動物図鑑』(講談社)

 12月6日、『M-1グランプリ2015』(テレビ朝日系)が放送され、トレンディエンジェルの初優勝で幕を閉じた。今年、5年ぶりの復活となったが、全体的にこれまでよりもスケールダウンした感は否めない。お笑い関係者が番組を振り返る。

「やはり一番大きかったのは、審査員が松本人志などの大御所ではなく、歴代チャンピオンに代わったことでしょう。挑戦者もコンビ結成15年以内に拡張されたため、審査員と挑戦者が同期というケースも見受けられ、上下関係があいまいになっていた。そのため、“あの大御所がそう採点するなら仕方ない”感もなく、多分に情実が入っていたように見えました。実際、審査員を務めた、ますだおかだの増田英彦とブラックマヨネーズの吉田敬は、採点にさまざまな感情が入り混じっていたことを告白しています」

 また、敗者復活もこれまでは大井競馬場からだったのが、テレビ朝日のすぐ横に。視聴者には会場費や移動の車代をケチっているようにも映った。

「優勝の副賞にあったファミマのプレミアムチキン1000本には失笑が起きていました。無名の新人枠も変人キャラばかりで印象に残らなかったですね。むしろ気になったのは、出場者よりも、審査員に2004年優勝のアンタッチャブルだけがいなかったこと。山崎弘也が一度芸能界を引退した柴田英嗣を許していないのは有名な話ですが、今回の審査員はコンビのうち一人が出るスタイル。それでも出ないということは、『アンタッチャブル』としては出たくないということでしょう。二人の不仲は相当根深そうです」(前出・お笑い関係者)

 さまざまな欠陥が露呈した「M-1グランプリ」。果たして来年もあるのだろうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』