サイゾーpremium  > インタビュー  > 【花輪茶之介】──元お笑い芸人のセカンドキャリア

――お笑い芸人という人気職業を夢見て散っていく若者は少なくない。元三福星の花輪氏が解散後に見いだしたのは、飴細工師という職人だった──。

1512_hanawa_01.jpg
(写真/有高唯之)

 指先が軽く触れると白い球体が横に伸びた。はさみを入れるや、脚が現れ、耳が現れ、動物の形状に変わっていく。胴体に管で空気を吹き込んで着色すると、客の飼い猫写真そっくりの飴が出来上がった。

 熱した飴が固まる前の約3分間を利用して、造形物を完成させる工芸、飴細工。客と「どんな耳ですか? 何色?」と会話しながら器用に作り上げた職人・花輪茶之介は、前職がお笑い芸人という斬新な経歴の持ち主である。

 高校時代、『爆笑オンエアバトル』(NHK)にはまってお笑い好きになった花輪は、人力舎の養成所に入学。02年にトリオ・三福星を結成した。ほかの2人がネタを考えていたこともあり、自然と小道具制作を担当するようになる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ