サイゾーpremium  > 限定  > 【EXILE】とはこうも違う!アイドル売りを推し進めるメディア対応の裏話
ニュース
【無料キャンペーン特別企画】2014年芸能総決算!三代目JSB人気のヒミツ

EXILEとはこうも違う!ジャニーズ顔負けな”アイドル売り”を打ち出す三代目JSBメディア対応の特異性

+お気に入りに追加

「サイゾーpremium」では現在、無料キャンペーンを実施中!さらにキャンペーンに伴い、2014年芸能総決算特別企画をお届けします。

 無料キャンペーン中に伴い、カンタン登録で今年いっぱい無料でお読み頂けます!

三代目J Soul Brothers徹底研究【目次】

三代目J Soul BrothersはEXILE一族における"嵐"だ!
オジサンにも3分でわかる、三代目JSBの華麗なる履歴書
ジャパニーズEDMの臨界点超え!三代目JSBこの10曲を聞け!
TAKAHIROに代わる新スキャンダル王誕生か!? 登坂熱愛の裏事情
EXILEとはこうも違う!アイドル売りを推し進めるメディア対応の裏話
1412_BPASS.jpg
「BACKSTAGE PASS 2014年11月号」(シンコーミュージック)

「三代目 J Soul Brothers」の人気が止まらない。

 12月10日に発売されたシングル「O.R.I.O.N.」は発売初週で、デビュー以来自己最高記録となる約20万枚をリリースし、iTunes週間ソングランキング で1位を獲得。

 また、「三代目 J Soul Brothers」は、今年行われた「EXILE TRIBE PERFECT YEAR 2014」のに伴い、“春夏秋冬シリーズ”と題して、春に「S.A.K.U.R.A.」、夏に「R.Y.U.S.E.I.」、秋に「C.O.S.M.O.S. ~秋桜~」、冬に「O.R.I.O.N.」を発売したが、ミュージック・ビデオはシリーズトータルで、YouTubeの再生回数約3000万回を突破した。

 さらに、「NHK紅白歌合戦」への3年連続の出場も決定し、「R.Y.U.S.E.I.」は「日本レコード大賞」の最優秀作品賞の有力候補とも目されている。そして、来春には初の単独ドームツアーも控えるなど、その勢いは“本家”の「EXILE」に並ぶ勢いだ。

 10年11月にデビューし、わずか4年でこの世の春を謳歌している「三代目 J Soul Brothers」の人気の秘密とは何なのか?

「もちろん『EXILE』の存在は大きいとは思いますが、本家に比べるとまだまだ成長段階のメンバーも多く、ファンにとってはグループや個々のメンバーの成長を見守るというアイドル的な楽しみ方もできる部分は大きいと思います。今が育ちざかりの純メンバーはもちろん、掛け持ちしている本体では“若手”に属するNAOTOや小林直己が懸命に引っ張っている姿も、女性ファンからすると母性本能をくすぐられるんじゃないですかね」とは某芸能プロダクションマネジャー。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』