サイゾーpremium  > 連載  > クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング  > 【クロサカタツヤ】「テレビの建前に気がついた若者と、クレームに怯えるテレビ局の不幸な関係」
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第13回

「テレビの建前に気がついた若者と、クレームに怯えるテレビ局の不幸な関係」

+お気に入りに追加

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!

1501_kurosaka_1.jpg
NHK総計と民放総計の習慣接触者率の推移↑画像をクリックすると拡大します。

「テレビがつまらない」そんな声が、徐々に大きくなってきている。かつてテレビは「メディアの王様」と呼ばれ、私たちの生活の大きな部分を占めてきた。だが、インターネットの普及と比例するように、テレビ離れが叫ばれるようになり、またテレビ局への批判、不満の声も大きくなってきた。一方で、ネット上のソーシャルメディアに目を転じれば、相変わらずテレビに関する話題は多く、ネットサービスのTVCMも珍しくはない。このように、テレビという存在は、大多数にリーチできることのメリットとデメリットの間で揺れ動いているように見える。依然として大きな力を持つテレビ業界、だがその中では一体何が起きているのだろうか?

クロサカ 今日のゲストはフリーアナウンサーの櫻井彩子さんです。さまざまなメディアで活躍されるほか、就職カウンセラーとして学生とも直接向き合うという一面もお持ちで、若者の利用実態も含め、ネットにかなり詳しいギーク。そんな櫻井さんからみて、いま一番おもしろい情報メディアって、何ですか?

櫻井 ギークかはわかりませんが(笑)、改めて今ネットには関心があります。といっても、ネット自体が面白いというより、人とネットの関係ですね。学生を見ていると、彼らはすべてがネットなんですよ。SNSには嫌気が差しつつもLINEを使って、買い物は全部ネット、話題になったテレビ番組もYouTubeで見る、調べたいことも本は買わずにブログを探す。

クロサカ いわゆる「ネット・ネイティブ」そのものですね。

櫻井 ただ、ネットが世界につながっているという意識は一切ないんです。それが世界に開かれたメディアで、コミュニケーションチャネルとは理解できず、自分と相手しかいない世界。

クロサカ 僕らはネット初期から見ていたから、その認識を持てるのかな。そうでない若い人にとっては、ただの通信や伝送手段でしかない、と。

櫻井 そうなんです。だから学生にとってのネットはすごく狭いものなんです。その一方で、eコマースにしろ、YouTubeにしろ、快適に使って楽しんでいる。

クロサカ それはテレビや雑誌など他の情報メディアを体験した上で、それと比較してやはり「ネットが楽しい」ということなんでしょうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』