サイゾーpremium  > 特集  > 企業裏事情  > 【ソニーとエイベックス】がLINE MUSICで結託
第1特集
スマホ市場活性化企む2社新戦略はどう転ぶ?【2】

松浦勝人交代劇で実現!? “水と油”のソニーとエイベックスがLINE MUSICで結託

+お気に入りに追加

――LINE株式会社が10月9日に発表した新たな音楽サービス「LINE MUSIC」。“ソニーとエイベックスの共同出資”という冠が、目下音楽業界で話題となっているが、果たして、そのサービスの内実と、経済効果とは?

LINE1412s.jpg
『LINEがぜんぶわかる本』 (洋泉社MOOK) 

 今年10月、今や携帯のキャリアメールを凌ぐ勢いのコミュニケーションツールとして、世界的にユーザー数を増やし続けるLINEが、音楽事業に参入することを発表した。LINE/エイベックス・デジタル/ソニー・ミュージックエンタテインメントの3社が新会社「LINE MUSIC株式会社(仮称)」を設立。大手レコード会社2社が持つ音楽コンテンツとLINEのプラットフォームを利用して、サブスクリプション型(定額制)のストリーミング音楽配信サービス「LINE MUSIC」を年内にも提供するという。

 このサービス、実は昨年8月にもアナウンスされていたが、結局リリースには至らなかった。今年、満を持してソニーとエイベックスと共に再出発することとなったが、いまだサービスの全貌は明らかになっていないLINE MUSICは、音楽業界にどのような影響をもたらすのだろうか? 国内外の最新音楽情報を発信するウェブメディア〈All Digital Music〉を運営しているジェイ・コウガミ氏に話を聞いた。

「日本の巨大コンテンツホルダー2社が参加することに、大きな進歩があると思います。コミュニケーションツールに音楽配信が組み込まれることは、音楽業界にとって、流通と課金の選択肢が増えたことになります。特に海外進出を目論むエイベックスにとっては、今回の提携によってアジアのみならず、世界進出の足がかりにもなることを視野に入れていると思いますね」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載