サイゾーpremium  > 特集  > 企業裏事情  > 【ソニーとエイベックス】がLINE MUSICで結託
第1特集
スマホ市場活性化企む2社新戦略はどう転ぶ?【2】

松浦勝人交代劇で実現!? “水と油”のソニーとエイベックスがLINE MUSICで結託

+お気に入りに追加

――LINE株式会社が10月9日に発表した新たな音楽サービス「LINE MUSIC」。“ソニーとエイベックスの共同出資”という冠が、目下音楽業界で話題となっているが、果たして、そのサービスの内実と、経済効果とは?

LINE1412s.jpg
『LINEがぜんぶわかる本』 (洋泉社MOOK) 

 今年10月、今や携帯のキャリアメールを凌ぐ勢いのコミュニケーションツールとして、世界的にユーザー数を増やし続けるLINEが、音楽事業に参入することを発表した。LINE/エイベックス・デジタル/ソニー・ミュージックエンタテインメントの3社が新会社「LINE MUSIC株式会社(仮称)」を設立。大手レコード会社2社が持つ音楽コンテンツとLINEのプラットフォームを利用して、サブスクリプション型(定額制)のストリーミング音楽配信サービス「LINE MUSIC」を年内にも提供するという。

 このサービス、実は昨年8月にもアナウンスされていたが、結局リリースには至らなかった。今年、満を持してソニーとエイベックスと共に再出発することとなったが、いまだサービスの全貌は明らかになっていないLINE MUSICは、音楽業界にどのような影響をもたらすのだろうか? 国内外の最新音楽情報を発信するウェブメディア〈All Digital Music〉を運営しているジェイ・コウガミ氏に話を聞いた。

「日本の巨大コンテンツホルダー2社が参加することに、大きな進歩があると思います。コミュニケーションツールに音楽配信が組み込まれることは、音楽業界にとって、流通と課金の選択肢が増えたことになります。特に海外進出を目論むエイベックスにとっては、今回の提携によってアジアのみならず、世界進出の足がかりにもなることを視野に入れていると思いますね」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』