サイゾーpremium  > ニュース  > 誤報と御嶽山噴火でひっ迫する新聞各社の悲しきフトコロ事情
ニュース
朝日批判にうつつを抜かしていいのか?

誤報と御嶽山噴火でひっ迫する新聞各社の悲しきフトコロ事情

+お気に入りに追加

朝日批判にうつつを抜かしていいのか?

従軍慰安婦問題、そして吉田調書問題で、内外からの信頼は完全に地に堕ちたかに見える朝日新聞。しかし、その朝日に対して批判キャンペーンを繰り広げるばかりの大手新聞各紙に対しても、”共倒れ”の危険性を指摘する声は多く……。はてさて、どうするどうなる新聞業界!?
ontakesans.jpg
御嶽山 静かなる活火山(信濃毎日新聞社)

【座談会参加者】
A:経済誌中堅記者
B:全国紙社会部若手記者
C:全国紙社会部デスク
D:政治部中堅記者

A 前号のサイゾーでも触れたけど、この夏から秋にかけて、相変わらずマスコミ業界では朝日新聞の誤報問題が盛り上がりを見せましたね。

B そうだね。朝日は8月5日付朝刊で、韓国で女性を強制連行したとの証言をした吉田清治氏による「吉田証言」を虚偽だと判断して記事を取り消した。さらに、9月11日には木村伊量社長が記者会見を開いて、5月20日付朝刊1面トップで報じられた、東京電力福島第1原発の吉田昌郎・元所長の「吉田調書」を独自入手して「所長命令に違反 原発撤退」としたスクープ記事のほうも、誤りを認めて撤回した。この「ダブル吉田問題」を契機に、読売・産経といったライバル紙をはじめとして、「週刊文春」「週刊新潮」といった週刊誌までも、せきを切ったかのように朝日への批判【1】を強めている。

A ちなみに朝日社内では、木村社長の会見を「9・11同時多発謝罪」なんて言う人間もいるとか(笑)。東京本社内のあまり広くないホールで開かれた会見は、「会場の都合」として出席できる記者の人数を厳しく制限して顰蹙を買ってました。

B 同じ業界の人間として、耳の痛い話です(苦笑)。

C 長らく新聞業界では「ライバル紙への攻撃はご法度」とされてきた。特に朝日は業界内でも自他共に認める"クオリティーペーパー"【2】だから、批判も避けられることが多かったしねえ。

D だからこそ、今回の朝日の「ダブル吉田問題」に関する報道はことさらひどく感じられたよね。特に吉田調書は、実際に公開されたものを読んでみれば朝日のような報じ方にはならないと誰でも思うはずで、やはり「脱原発」の社論に引きずられた、結論ありきの記事だったということでしょう。産経が吉田調書を入手して8月18日付朝刊1面で「『全面撤退』明確に否定」とのスクープ記事を打ち返したけど、産経が親・安倍政権だからって、「安倍政権の朝日新聞叩き」なんて一部の週刊誌や海外メディアが攻撃したのには違和感があったな。安倍政権がこの流れを利用している側面はあるだろうけど、やはり朝日の報道自体は責められても仕方がない内容だったと思うよ。

A 産経は慰安婦問題でも朝日批判を続けてきたから、今回の問題で”全面勝利”ということになるんだろうけど、かといって販売面での目立った効果はないようですね。むしろ、産経と同じく保守路線の読売が、慰安婦報道における自社の正しさなどを誇るビラを朝日の購読者宅にも配布するなど、猛烈な販売攻勢を仕掛けているとか。

C 産経の一連の朝日批判報道で中心的な役割を担った阿比留瑠比・政治部編集委員なんて、「週刊文春」で「反権力ではなく反安倍に過ぎない」とまで朝日を揶揄する記事を書いてはいたけど、結局のところ産経は資金面では劣るから、読売みたいな販売攻勢なんてとても仕掛けられないというのが実情だろうね。やはり、オイシイところは読売が持っていってしまう(笑)。

噴火取材で各社を悩ます膨大なコスト問題

A でも、読売も業界内や読者から「やりすぎだ」との批判が少なくないようで、目覚ましい部数増【3】には至っていないようですよ。

C というか、読者の多くからは、「もう新聞は何も取らない」という声を聞きます。結局一連の問題は、新聞業界全体の読者離れを招いたというほうが正確なような……。

D 朝日社内では、1972年に毎日の経営危機のきっかけとなった「西山事件【4】」の再来を恐れる声が少なくない。あれを機に毎日は発行部数を約40万部減らして、77年に事実上の倒産といえる新社と旧社の分離に追い込まれている。

A でも朝日は、毎日のような経営危機には陥らないでしょう。なんてったって、不動産子会社の朝日ビルディングが、朝日新聞大阪本社を含む3つのビルを超高層ビルに建て替える「大阪・中之島プロジェクト」を進めるなど、本業以外の事業がしっかりしていますからねえ。

C むしろこの問題は、ライバル各社の経営に悪影響を与えるという懸念すら聞くな。というのも、15年10月の消費税率再引き上げを実行するかどうか、安倍首相が年内に決断することになっているけど、新聞業界はそこで新聞への軽減税率の適用を狙っている。ところが朝日問題によって政府・与党の一部には、「あんな業界に軽減税率を適用する意義があるのか」という疑問の声まで生じているとか。経営難にあえぐ新聞業界にとって、軽減税率の適用可否は生死に関わる問題だからな。

A 結局は、狭い池の中での足の引っ張り合いですね(笑)。ところで、本業の報道のほうでは、8月の広島土砂災害と9月下旬からの御嶽山噴火と、自然災害が連発していますね。

MEMO『御嶽山噴火』
9月27日正午前、長野県と岐阜県の県境にある御嶽山が35年ぶりに噴火。火口付近には多数の登山客がおり、死者数54人(10月7日現在)と、戦後最大の火山災害となった。

C 御嶽山噴火は、火山災害としては戦後最悪の規模になった。現場はまさに地獄絵図らしく、発生直後にヘリコプターから現場を見たうちのカメラマンは、「人が何人も倒れていた」とショックを受けてたよ。生存者の横に、亡くなっているとおぼしき人が倒れているような写真もあって、その部分をカットした写真を使っていた社もあったな。

B 噴火発生後から、長野県木曽町などの現場には大量の記者やカメラマンが送り込まれて、被害者の顔写真の入手や関係者のコメント、噴火現場を撮影した写真・映像の入手などに当たってた。現場にいたらしき登山者にSNS上で取材を申し込んだ記者がいて、ネットで晒されて叩かれたりもしていましたね。

C 最も被害がひどい山頂部は再噴火の恐れもあってなかなか近づけないから、各社ともヘリで空撮するほかに手がない。だけどヘリは費用も掛かるから、救助・捜索活動の長期化に伴って膨らむ取材コストに経営陣は頭を悩ませているとも聞くよ。

A コスト増のあおりで取材班の弁当の質が悪くなるくらいならいいですが、現場の取材力が低下するようなら目もあてられないですね……。

(構成/編集部)

【1】朝日への批判
朝日批判の記事を掲載した週刊誌の売れ行きがかなりよいことに加え、任天堂の岩田聡社長への”架空”インタビューが明らかになるなど、朝日問題は続報も多いため、当面は朝日へ批判が収束する気配はなさそうだという。

【2】クオリティペーパー
全共闘世代以上の記者には、朝日への”憧れ”を抱いている者も多く、かつては、朝日の間違いを指摘する記事を載せようとした某紙の記者が編集幹部に「朝日の記事を安易に『誤報』だなんて叩いたら、後からこっちがヒドイ目に遭う」と掲載を嫌がられたという話も。

【3】目覚ましい部数増
朝日騒動の”恩恵”をいちばん受けているのは毎日新聞ではないかという指摘も。やはり朝日の読者が、論調が真逆の読売や産経に切り替えるのは刺激が強すぎ、似たようなリベラル路線を採っている毎日が漁夫の利を得ているというわけだ。

【4】西山事件
1971年の沖縄返還協定に絡む日米間の密約の存在を、当時毎日新聞記者であった西山太吉氏が、外務省の女性事務官をホテルに誘うなどして情を通じ、入手したとされる事件。同氏はその後、国家公務員法違反で逮捕、起訴後、有罪が確定した。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ