サイゾーpremium  > インタビュー  > 【人間椅子】──活動25周年で動員を増やすいぶし銀バンド
インタビュー
「20年くらい過ぎた頃から、なぜかお客さんが増え始めまして……。」

【人間椅子】『イカ天』からももクロまで──25年目にして動員増やすいぶし銀バンド

+お気に入りに追加

――バンドブームの最中にデビューしたロックバンドが、25年の時を経て、変わらずハードロックを続けている。どころか、近年ではライブ動員が増えてすらいるらしい。ベテランのベテランたる秘訣とは何か?

1408_ningenisu_01.jpg
(写真/河西 遼)

 今年、デビュー25周年を迎える3ピースハードロックバンド・人間椅子。テレビ番組『三宅裕司のいかすバンド天国』(通称『イカ天』/TBS)をきっかけに1990年にメジャーデビューを果たし、バンドブームが収束した後も流行に左右されずコンスタントに活動を継続してきた。昨年のOZZFEST JAPAN(オジー・オズボーン主催)への出演や、和嶋慎治(Vo・Gt)のももいろクローバーZへの楽曲提供などで新たに話題を呼んでいる彼らは、25年かけて熟成してきた独特の世界観と音楽性を武器に、この数年、ライブ動員数を伸ばしている。しかも、その大半が若いリスナーだという。

和嶋 僕たちは『イカ天』でデビューすることができて、最初は脚光を浴びもしたけれど、やっている音楽はハードロックなので、Jロックの中ではあんまり一般的じゃないわけですよ。だからその後、デビュー当初よりは注目されないままに10年以上やってきたところに、20年くらい過ぎた頃から、なぜかお客さんが増え始めまして……。

鈴木研一 潜在的な"ハードロック人口"って、時代に関係なく一定数いると思ってるんだよねぇ。100人いたら10人くらいはいるはず。ハードロックバンドに出会えてないからほかの音楽に行ってるだけで、それがいま僕らみたいな存在に気づいてくれて、「なんだ、いたんだ、こういうハードロックバンドが」と思って来てくれてるんじゃないかなー。

和嶋 鈴木くんは10年以上「ハードロックの潜在的人口」の話をしてるよね。「そのわりに増えないな」って思ってたけど、ここにきて本当に増えているから正しかったね(笑)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

ドラッグの教科書

ドラッグの教科書

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE