サイゾーpremium  > 連載  > 【町山智浩】超人Xメンが見た現代アメリカのマイノリティ問題
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第79回

超人Xメンが見た現代アメリカのマイノリティ問題

+お気に入りに追加

『X-MEN フューチャー&パスト』

1407_machiyama_01.jpg

舞台は2023年、地球はセンチネルというロボットにより、壊滅へと進んでいた。突然変異により生まれたXメンは、これを阻止すべく、センチネルがアメリカ政府に採用された1973年にウルヴァリンの“魂”を送り込んだ。半世紀を超えて繰り広げるバトルの勝者は一体……。
監督:ブライアン・シンガー/出演:ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンスほか。現在全国ロードショー中。


「スパイダーマンはユダヤ系だと思う」

『アメージング・スパイダーマン』シリーズの主演俳優アンドリュー・ガーフィールドは、タイムアウト誌のインタビューでそう言った。

「だって彼はノイローゼ気味だから。ユダヤ系のステレオタイプだけど」

 ガーフィールド自身の祖父も東欧系ユダヤ人で、元はガーファンクルだという。スパイダーマンになるピーター・パーカーが住んでいるのはNYはクイーンズのフォレスト・ヒルというユダヤ系移民の住宅地。原作者のスタン・リーもNY出身のユダヤ系。リーバーというユダヤ系らしい名字だったがWASP風のリーをペンネームにした。50年代までのアメリカでは、ユダヤ系が仕事を得るために名前を変える必要があった。

 スタン・リーのヒット・コミック・シリーズ『Xメン』は、もっとストレートに「マイノリティへの差別」をテーマにしてきた。超能力を持って生まれたミュータント(突然変異の人々)が主人公なのだ。

 映画化5作目になる今回の『フューチャー&パスト』は、2023年、ミュータントを捜索して殺すロボット「センチネル」によって全滅寸前に追い込まれたXメンが、センチネルがアメリカ政府に採用される直前の1973年にタイムトラベルし、それを阻止しようとする物語。そのためには、磁力を操るミュータント、マグニートが必要なのだが、彼はケネディ大統領暗殺犯としてペンタゴンの地下牢に収監されている。

 JFKが暗殺された63年は、『Xメン』の出版が始まった年であり、黒人の公民権運動のピークだった。南北戦争後も南部では100年近くにわたって人種隔離政策が続いていた。これに対してキング牧師は非暴力デモで戦ったが、アラバマ州政府は暴力でデモを潰そうとした。警官たちが無抵抗の黒人を殴る模様はテレビで全世界に放送され、JFKは南部の人種隔離をやめさせる公民権法を準備していたが11月に暗殺されてしまった。今回の映画では、JFKはミュータント差別反対の政策も進めていたので暗殺されたと暗示される。マグニートは弾丸を曲げて狙撃を阻止しようとしたのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』