サイゾーpremium  >   > 離婚騒動の石田エレーヌがバツイチダメタレ...

1404_erenu_az.jpg
『ベスト・ヒット!日テレ55 』

『週刊ポスト』誌上で離婚が報じられた日本テレビの石田エレーヌアナが公私ともにピンチを迎えている。タレントの西川史子を通じて『サンジャポ』で離婚を否定するも別居生活は続いたまま。熱望していた現場復帰も春の改編で果たせず失意の日々を送っているという。

「事実上、結婚生活は破綻しており、現在は弁護士を交えて養育費などの条件について話し合いが進められています。周囲にも『もう離婚します』とこぼしており、噂話が漏れ伝わり『ポスト』の離婚報道となったようです。もともと出会ってすぐに同棲し、そのまま"デキ婚"というように勢いでくっついただけ。どだい長く続くはずがなかった。エレーヌ本人も未練はなく、あっけらかんとしたものです。また夫の稼ぎもネックのひとつとなったようです」(週刊誌記者)

 さっさと離婚問題を片付け、"バツイチアナ"として情報バラエティ番組への復帰を画策しているというが、これがなかなか難しいようだ。

「2年目の中島芽生を『every』に起用したように局をあげて世代交代を図っています。水ト麻美を筆頭に後輩が育ってきているなか、何かとお騒がせなエレーヌを好んで起用するプロデューサーはいません。あのキャラですからニュースも読ませられないし潰しがきかない。そんなこともあって春の改編でも担当レギュラーはゼロ。もはやアナウンス部に居場所はありません。さすがに本人もショックを受けているようで、親しいスタッフに営業をかけまくっています」(日本テレビ関係者)

 ここ数年は他部署へ異動する女子アナも多いだけに、エレーヌの姿が見られなくなる日がくるかもしれない!?


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】実家グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報