サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > AVなみに細分化&過激化の続く【エロゲー】最新形態
第1特集
過激化するエロゲーの今

寝取られ、男の娘、蟲姦、ロリビッチ……細分化&過激化、エロゲーの最新形態

+お気に入りに追加

――90年代には『ときめきメモリアル』をはじめ、恋愛シミュレーションゲームの流行などもあり、この要素を備えたエロゲー(年齢制限を持つアダルトゲーム)は、社会に広く知れ渡ることになった。ここでは近年の過激な作品群や、メディアミックス展開の増加などの業界の変化も概観し、その最新形態をリポートしたい。

1404_ero_01.jpg
秋葉原には、今もエロゲー専門店が軒を連ねるが……。

 エロゲー業界の現在の市場規模については、2000年代前半をピークに下り坂に入っている……というのが関係者の共通の見方のようだ。『エロゲー文化研究概論』(総合科学出版社)の著者・宮本直毅氏は次のように語る。

「各種データから推測するに、02~03年頃の500億円台中後半の数字が、市場規模のピークだったと思われます。現在はおそらく半減、推移も微減か横ばいの状態でしょう」

 売上減については、違法コピーの増加なども原因に考えられるが、「スマホのアプリなど手軽にエロを楽しめるゲームが出てきたことも大きいのでは」と宮本氏は続ける。

「いつでもどこでも即プレイできるそれらのゲームに対し、いわゆるエロゲーをプレイするには、まずPCが必要。ゲームを買いに行くかネットで注文し、手に入れたらインストールして……と、プレイするまでのステップが多いんです。商業メーカーの作るソフトは、通常8800円のものが多く、その価格の高さも含め、エロゲーは若い人には“重い”存在に感じられるのではないでしょうか」(同)

『超エロゲーハードコア』(太田出版)の著者のひとりである箭本進一氏は、その一方で低価格帯のソフトが増加していることにも触れ、エロゲーがさまざまな面で「二極化」している現状を指摘する。

「価格面では8800円のいわゆる”フルプライスもの”以外にも、2000~3000円程度の低価格のゲームも増えてきている。前者は(ストーリーにも)萌え要素が高く、パッケージも華やかで、モノとして手元に置きたがる人が多いのに対し、後者はダウンロード版も活発に動いている印象です。タイトルは扇情的、内容も“いかにヌケるか”という実用性を重視したものが多いのが特徴ですね。ダウンロードでの購入は手元に箱などの現物が残らないので、エロゲー好きを隠したいユーザーにも魅力的でしょう」

 また、作品の内容面での「メジャー志向」と「マニア向け」という二極化も進んでいるという。

「マニア向けのものは低価格帯の作品に多く、ジャンルの細分化が今も進んでいます。一方でメジャー志向のものは深夜アニメなどの趣向に近く、学園モノという定番の設定をベースに、バトルや魔法といった要素を組み合わせているものが多い。価格はフルプライスが中心で、作品としてのクオリティも高いものが多いです。近年の代表的な作品は『リトルバスターズ!』『ワルキューレロマンツェ 少女騎士物語』『真剣で私に恋しなさい!』など。これらの作品はマンガ化されたり、エロ要素を抜いた上でテレビアニメ化や家庭用ゲームへの移植がされたりと、メディアミックスが盛んなのも特徴ですね」(同)

1404_ero_02.jpg
『ワルキューレロマンツェ 少女騎士物語』はメディアミックスも成功した。

 馬上槍試合をモチーフにした学園モノのエロゲー『ワルキューレロマンツェ 少女騎士物語』は、昨年末にテレビアニメ化されて話題となった作品だ。オタク業界の動向に興味を持たない向きにとっては、エロゲーが原作の深夜アニメが放送されていること自体が驚きかもしれない。

 しかし「このようなメディアミックスは業界にとって良いことだらけなわけではない」と前出の宮本氏は続ける。

「『ワルキューレロマンツェ 少女騎士物語』はアニメ化後、原作エロゲーの動きも良くなったようですが、それはどちらかというと稀有な例。メディアミックス展開により原作のエロゲーを買う人が劇的に増えることは少ないですし、アニメを見る人はアニメだけで完結している場合が多いんです。またラノベ化されてしまえば、作品の価格はエロゲーの10分の1以下になりますから、本来はエロゲーを買っていてもおかしくなかった層が、他ジャンルに流れている現状もあります」(宮本氏)

 またメディアミックス展開は、ユーザーの流出のみならず、作り手の流出も招きかねない面もあるという。

「アニメや一般ゲームに移植され、エロを抜いても成り立つ文章力や画力で高く評価されるほど、エロゲー業界の外へ出て、戻りにくくなるクリエイターもいるでしょう。『ゼロの使い魔』がアニメ化もされたラノベ作家のヤマグチノボル氏(故人)も、もともとはエロゲーのシナリオライター出身でした。(こうした転身は)エロ産業は『確実に稼げる』という面がある一方で、ユーザー層が限られているので、一般向けの作品と比べると売り上げの天井が見えやすいというデメリットもあるからでしょう」(同)

 さらにメディアミックス展開を狙い、幅広いユーザーの支持を得られる作品を作ろうとすると、傾向の似通ったものが増えてしまうという問題もある。老舗アダルトゲーム誌「BugBug」(マガジン・マガジン)の大澤忠基編集長は「舞台が学園で、そこに魔法などのSF的な要素が乗っかって……というメジャー志向のソフトの作り方は、いわばハリウッド映画のような決まった様式の中での勝負になりがちなんですよ(笑)」と語る。

「90年代末頃までは、アイデア一発で勝負する、いわゆる日活ロマンポルノ的な作品もあり、美少女ゲームこそがオタク文化の中で最も尖った存在でした。しかし、今はその位置をラノベなどに奪われている。またフルプライスの作品は、主題歌をつけて、人気声優を起用して、販促用の動画を作って……と製作費がかさむ分、企画で勝負しにくくなる面もあるのでしょう。さらにメーカー側のみならず、今はユーザー側も衝動買いを恐れている傾向がある。エロゲーバブルの頃はお店で目当てのエロゲーを1本買って、もう1本をジャケ買いする人もいましたが、専門小売業者によると、最近はそういう人も減っているそうです」(大澤氏)

 そのような状況に加え、エロゲー業界では「ユーザーの高齢化」も問題のひとつになっている。

「購買力があるのは90年代からゲームをしていた40歳前後の層。彼らは1万円近いフルプライスの作品を今も買い、ショップごとに異なる初回特典を求めて複数買いする人もいます。また、彼らの嗜好に合っているせいか、ファミコン時代のドラクエを意識した雰囲気の『変態勇者の中出し英雄記』など、“あえて8ビット風”の作りのエロゲーも、インディーズを中心に注目を集めています。ただ、業界の先細りを防ぐという意味では、新規ユーザーの獲得は急務といえるでしょう」(前出・箭本氏)

偉人の女性化エロゲーにカメハメハ1世まで登場

1404_ero_03.jpg
大ヒットゲーム『ラブプラス』をもじった『デブプラス』。

 前述のように、一方で、挑戦的な作品を作りやすい低価格帯の作品を中心に、ジャンルの細分化はかなり進んでいる。前出の宮本氏は「アダルトビデオ同様、個々人の性的嗜好を満たすマニアックなジャンルが増えても、複数のジャンルをまたぐユーザーはさほど多くない」と語る。その中で一大ジャンルとして存在感を放っているのが、AV同様、“熟女”モノだ。

「昔から熟女キャラ自体はゲームの中に登場したが、それ自体がゲームのテーマになることが増えたのは近年になってからのこと。『ヒロインの母親攻略してぇ!』と思う人がいても実現不可能だったのが、最近はそれを専門でできるゲームが出てきてしまったわけです(笑)。熟女については専門ブランドがいくつも立ち上がっていますし、個人的には『熟れ専』というブランドが08年に発表した、熟女な教頭先生が少年を慰めるうちほだされていく『熟女教師は蜜の味』がオススメです」(宮本氏)

 同様にNTRというスラングも近年は広まりつつある「寝取られ」も、大きなジャンルのひとつだ。大澤氏が編集長を務める雑誌「BugBug」では、『DVD-BugBug寝取られSpecial』という寝取られエロゲー専門のムック本も発売している。

「我々がムック本を出しているのは『寝取られ』『人妻』『ロリ』などのジャンルで、これらのジャンルはそれだけ人気が高いともいえます。寝取られについては、専門のブランドも5~6年前からすでに存在していますが、最近の作品で面白かったものは、『とある家族の寝取られ模様─家族哀─』。主人公の妻、妹、母と、家族ぐるみでいろんなパターンの寝取られが堪能できる作品です」(大澤氏)

 また男の娘、女装モノも近年のブームのひとつ。「90年代などは作品内のキワモノキャラとして稀に登場するくらいで、登場した場合も『腐女子属性の女性スタッフによる暴走』などと言われていたのが、気づけば流行の最先端です」と箭本氏。このジャンルの代表作といえるのは、箭本氏と宮本氏が共に推す『女装山脈』という作品だ。

「『脳内彼女』というメーカーから出た作品で、『トンネルを抜けると、そこは女装の村だった』というキャッチコピー、設定も話題になりました(笑)。この作品は11年度の『萌えゲーアワード』の話題賞部門で金賞を獲得しています」(宮本氏)

 また男の娘と並んで、一般の人にも認知されつつあるオタク界の流行「歴史人物の女性化モノ」は、エロゲー業界でも流行した。

「三国志の武将を女性化した07年発売『恋姫†夢想~ドキッ☆乙女だらけの三国志演義~』などは、アダルト要素を排除して一般ゲーム化されたうえに、『CR恋姫†無双』としてパチンコにもなりましたからね。ただ、歴史人物の女性化モノは三国志や戦国時代などの定番ではキャラが完全に出尽くしてしまった。最近はギリシャの英雄からカメハメハ1世まで登場しており、メーカー側の苦心が伝わります」(宮本氏)

 そして今も昔もエロゲーと聞いて一般の人がイメージしやすいジャンルのひとつは、いわずもがな「ロリ」だろう。

「キャラクターの基本は昔と変わらず清純な女性、基本的には“妹”ですが、もちろん作品ごとに違いはある。変わったものでは、ロリ娘側がオッサンを逆レイプする『りとる†びっち』のような作品もありますし、見た目はロリだけど中身は100歳といった“ロリババア”キャラが登場するゲームもあります」(大澤氏)

 また「催眠モノ」というジャンルについても「陵辱モノに対する制限が厳しくなった時期に、『なら催眠という設定を設ければOKか』という思惑を持ったメーカーもあったのか、その類のゲームが増えた印象」と大澤氏。箭本氏はそのような催眠モノも含めて、「特殊な規則や超能力といった設定を設けることで、好き勝手な行動ができる“きまりもの”ゲームが流行している印象がある」と話し、世相との関連を指摘する。

「たとえば『ぜったい遵守強制子作り許可証!!』というゲーム。このゲームの世界では、男性が減少して男女比に1万倍以上もの差ができてしまったことで、政府が男性に対して性行為を奨励・強制する『SEX新法』という法律を制定した……という設定になっています。このようなゲームの登場は、現代社会の窮屈な生活にストレスを感じている人が多く、一方で『ゲームの中くらいでは好き勝手にやってみたい』と感じる人が増えたことと関係があるのではないでしょうか。ゲームは社会の写し鏡のような存在でもありますからね」
(箭本氏)

巨大な虫とのまぐわい「蟲姦」を描くゲームも

1404_ero_04.jpg
虫の生態について秘密裏に研究する、私立如月学園の新任生物教師・椚久隆。独自に品種改良を行っていたが、ついに巨大な個体を作ることに成功。だがある日、研究を学園長の孫娘・如月かごめに見られてしまう。椚はかごめを口封じするため、“虫”を使って犯すことに……。コアなファンを獲得した異色のゲーム『昆蟲姦察』(パッケージ版3000円+税、ダウンロード版2800円)。4月25日には続編となる『昆蟲姦察 螽』(5800円+税抜)が発売予定!

 まだまだマニアックなジャンルは多数存在する。たとえば「ぽっちゃり好き」に向けては、あの『ラブプラス』をもじった『デブプラス』というゲームも発売された。

「途中で痩せてどうこうという展開もなく、ひたすらデブ押し。『運動をすると膝に水がたまる』みたいなセリフを女の子が言ったりと、エロとか萌えとは違う部分でもシッカリ作り込みがされているのが好印象」(箭本氏)

 また下半身や四肢が動物化するなど異形となった「モンスター娘」をフィーチャーした作品もある。

「一般マンガでも『モンスター娘のいる日常』(徳間書店)がヒットしていますが、好き嫌いがはっきりするジャンルでしょうね。『もんむすくえすと!』などの同人作品から盛り上がりを見せたジャンルで、商業作品では『聖もんむす学園』などが代表的な作品でしょうか」(宮本氏)

 一方で女性のキャラの多様化も進んでおり、「下品なことを言うけど絵柄はカワイイ“オヤジ女子”が出てくる作品が増えている印象です」と箭本氏。

「『辻堂さんのバージンロード』という昨年のヒット作も、ヒロインがヤンキー娘。また、久々に再会した妹達がみんな番長になっていたという設定で、『魁!!男塾』(集英社)的な熱血おバカなノリを取り入れた『恋せよ!!妹番長』という作品もあります。ヤンキーマンガのような手に汗握るバトルもありますし、昔のツンデレをパワーアップさせた感じでしょう」(大澤氏)

 またオンリーワンとしかいえない存在感を放つ特殊な世界観のゲームもある。

「『へんし~ん!!! パンツになってクンクンペロペロ』は、主人公がどんなモノにでも変身できる特殊能力を持っている設定。イスやパンツなど女の子の身の回りにあるモノに変身して、好き勝手にイタズラをすることができます」(箭本氏)

「巨大な虫とのまぐわい=“蟲姦”が描かれる『昆蟲姦察』というゲームもありますね。これなどは同じ商業でもメジャーなメーカーには作れない作品でしょう(笑)」(宮本氏)

 さらにはPC機器との連携で新たなチャレンジをする作品も出てきている。

「選択肢を選ぶときにマイクで話しかけられるゲーム、WEBカメラ連動型ゲーム、オナホール連動型ゲームなど、さまざまな試みがされていますが、大きな流れを作るようなヒットは生まれていません。エロゲーはやはりアドベンチャーやサウンドノベルという形式からなかなか抜け出せないんです」(宮本氏)

 そんな状況の中で、エロゲー黄金期の作品を今風に蘇らせたような好作品も昨年は登場した。

「個人的にもイチオシの『なつくもゆるる』という作品です。作画などは普通にカワイイ感じのロリゲーで、キャラクターも魅力的なんですが、自殺しやすい人間だけ集めた全寮制の学校が舞台で、裏にハードSFな設定がある。実はヒロインたちがロリ体型なのは、ウーパールーパーのように子どもの体のまま成熟するネオテニー(幼形成熟)の現象の表れだとか、『新しい種』『超ひも理論』みたいなワードも出てきます。二周、三周と周回プレイするうちに段々と意味が見えてくる感じもエロゲーならではで、これはラノベやアニメじゃできない表現だと思います」(大澤氏)

 箭本氏も「ヌクという実用性にこだわるのであれば、画像や動画だけをダウンロードすればいいのに、エロゲーをわざわざ買う行為というのは、ユーザーがそこに遊びの要素を求めているから」と話すように、エロゲーは単にエロいだけのコンテンツではなく、ユーザーが主体的に遊んで楽しめるゲームだ。

 ジャンルの細分化や、アニメやラノベなど、ほかのオタクジャンルの成長が進んだ今こそ、製作サイドもメーカーも「エロゲーにしかない面白さは何か」と考えることが求められている時期なのではないだろうか。

(取材・文/古澤誠一郎)

エロゲー業界の自主規制団体
「ソフ倫」「メディ倫」

 ロリや陵辱といったジャンルはエロゲーでは古くから定番だが、社会からの視線が厳しいのも確か。業界側もさまざまな自主規制を行っている。その中心的役割を果たすのが、大手エロゲーメーカー主導で92年に発足した「コンピュータソフトウェア倫理機構」(通称「ソフ倫」)と、もともとアダルトビデオの審査団体として知られているが、03年からエロゲーの審査も行うようになった「メディア倫理協会」(通称「メディ倫」)だ。

「後発のメディ倫のほうが禁止事項が少ない傾向があり、メディ倫への鞍替えを行うメーカーも近年は増えている。どちらも自主団体なので、そこまで審査が厳しくはないですが、ロリについては『キャラクターは5頭身以上に』など明確な基準が設けられている。ただ、それでも作画の巧みさでロリっぽく見せるメーカーがあり、やはり高い人気を集めています」(宮本氏)

 なお09年には、3DCGによる痴漢モノエロゲー『レイプレイ』が、米国の人権団体や英国の政治家の間で物議を醸し、販売自粛に追い込まれた。やはり過激なゲームは多くのリスクを背負っているのだ。

「そのような問題が起こると、メーカー側もしばらくはタイトルに過激な言葉を使わないようにするなど、1~2年は様子見が続きますが、禊が済んで3~4年もすると、忘れたようにぶり返すこともある。でも陵辱モノは非難を浴びやすい一方で、根強いファンがいるのも確かなんですよ」(宮本氏)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ