サイゾーpremium  > 連載  > クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング  > ブログ仕掛け人が語る個人メディアの未来
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第4回

「ブログを続けられるのは特殊技能!?  ブログ仕掛け人が語る個人メディアの未来」

+お気に入りに追加

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!

 今では誰もが知っているブログ。自分で書いている人は少ないかもしれないけど、有名人のブログやまとめブログを愛読している人は多いはず。そんなブログが日本に普及するきっかけを作ったのが清田いちる氏。日本で最初期にブログサービスを立ち上げたり、ブログメディアの編集長を務めたり、ブログを日本に広めるきっかけを作ってきた仕掛け人。個人による情報発信をエンパワーし続けてきた清田氏が考える、個人メディアの将来とは?

1404_kurosaka_01.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。2013年3月19日配信のリサーチバンク「ブログに関する調査」より。

クロサカ 今回、清田さんに登場頂いたのは、個人メディアの話をしたいと思ったからです。インターネットが社会に普及し始めた当初、誰でも世界に向けて情報発信できることの可能性が強くうたわれました。

清田 アンディ・ウォーホールが「誰でも15分間は世界的な有名人になれる」と言いましたが、それが本当の意味で現実になったのは、インターネットが普及した今です。ネットメディアの発達の歴史を見ると、ブログが普及し始めた02年当初は、名もない個人が世界に発信するためのツールだったんだけど、5年ほど経った07年頃から専門家が自分の専門について情報発信したり、情報をシェアしたり、あるいは自分の能力を業界の内外にアピールするツールに変わっていったという側面があります。

 とにかく個人がツールを使って発信し続けると、何か魔法が生まれて、例えば就職に繋がったり、ネット広告でお金に繋がったりする可能性がある。これは若い人達だけじゃなくて、40代あるいは定年退職した65歳以上、どんな人でもその可能性がある。そういう開かれたプラットフォームが今、目の前に出てきたっていうのが、ブログ以降のソーシャルメディアです。

クロサカ ブログの台頭によって確かに情報発信のハードルが低くなり、個人のみならず企業の情報発信のあり方にも変化をもたらしました。そしてソーシャルメディアの時代が訪れると、今度はブログの役割も変わってきました。中には「ブログは終わった」という人もいて、実際に、僕もブログをほとんど更新していません。

清田 僕は今、実験的に自分でのブログ更新をお休みして、代わりにゴーストライターに書いてもらっています。ゲストアカウントを作って、それを「僕のブログを書きたい」と言う人にばらまいたから、どの記事を誰が書いているのか僕自身にもわからない状態(笑)。

クロサカ なんでそんなことをしたんですか?

清田 一番は、飽きたから。ブログで個人が情報発信しようとしたら、最初は簡単なんですよね。自分の中にあるものをそのまま書けば、自然とスタイルになって、それなりに読者が付いて面白がられる。でも、しばらくすると飽きるんですよ。僕も5年くらいですっかり飽きてしまった。でも、表現欲求そのものはあるんです。

 だから、飽きてからは、新しいスタイルを作る試行錯誤をしています。その点で、ブログはなんでも試せるからやりやすい。ゴーストライターに書いてもらう手法も、自分が10年間コツコツ書いてきたブログを、他人に適当に書いてもらったらどうなるか? という実験。そのくらい距離感を置いて、初めて見えてくるものがあるかもと思って。

 ブログを続けていると、必ず飽きたり炎上したりするので、それが原因で書くことを止めてしまう人がいます。一方で、ネットには新しいブロガーがどんどん登場します。でも、今までブログをやっていた人達に「自分が情報発信しなくても良いんじゃないか」とは思ってほしくないんです。どんな形でもいいから、この情報発信革命に参加し続けて欲しい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』