サイゾーpremium  >   > 則本電撃結婚で露呈【楽天イーグルス】の女子アナバブル崩壊(前編)

1401_rakuten1.jpg
『パ・リーグ初優勝東北楽天V1グラフィックス』(河北新報出版センター)

 エース田中将大の歴史的記録をもってして、球団初の日本一に輝いた楽天イーグルス。そんななか、仙台のメディア関係者が「楽天イーグルスと女子アナのバブルが弾けました!」という。一体、どういうことなのだろうか?

 件の優勝で年棒も知名度も一気に上がったナインには当然、女子アナたちも群がっていた。

「もともと、イーグルスのメディアで常に取材している女性といえば、CSの中継リポーターをやっている羽村亜美がいるが、30歳で人妻。"地下アイドル出身"らしく、そこそこビジュアルは良いものの、顔の劣化(失礼!)は選手間でも話題になっている(苦笑)。当然、眼中にはありません。ですが、合コンの"セッティング要員"には、かなり貢献しているので、取材でもオイシいネタは彼女に入りやすいのです」

 そんななか、昨年12月25日付の複数のスポーツ紙には、何とルーキー・則本の結婚が報じられた。

「今年、一気に年棒が3倍以上上がっている有望株。女子アナが放っておくわけないでしょ。ですが、彼が結婚を周囲に明かしたのは、ホントここ最近のこと。憤慨している女子アナは多いですよ」

 お相手が出身高校年下の野球部マネージャーとことも話題になったが、昨年、初の日本一になったプロ野球・楽天の選手でもっとも女子アナからマークされていたという則本投手。そんな彼が、女子アナの前でしか見せることがなかった裏の顔があったという。

「彼には、ホント騙されました! ありえないですよ!!」

 在仙の20代女子アナ・A子は周囲にこう愚痴りまくっていたという。

「今年、彼は15勝をマーク、しかもルーキーながら堂々とした試合運び。ただ、顔は田中マー君そっくりでイケメンじゃない(笑)。だからこそ、モテ男じゃないと思って、近づく女子アナが多かったんです」

 そもそも則本といえば球場では「親切丁寧に取材対応するほう。プライベートでもド派手な噂は聞いてなかった」(楽天番記者)と、どちらかといえば優等生タイプ。だが、彼女とは対照的な存在だった女子アナとの合コンでは、随分と羽を伸ばしていたようだ。

「2ケタ10勝目が見えてき始めた頃から、仙台の各局のスポーツ番組のプロデューサーが、こぞって"女子アナ接待"を持ちかけていた。一番リードしていたのは、(前述の)某リポーターとのパイプが多いT局。スポーツ部長もアナウンサー兼務ということで、現場に顔を出す機会が多いことから、実現したようです。会には、1年目の女子アナ2人が投入。うち1人は、学生時代にタレント活動をしていたので、こういう場はお手のもの。連絡先も交換して無事、ドライブデートを数回やっていたようですが……」

 これが事実なら、則本は完全に"二股交際"だったのだが……。(後編へ続く)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』