サイゾーpremium  > 連載  > 彼女の耳の穴  > 【連載】今月の耳寄り人:市川沙椰
連載
彼女の耳の穴【11】

【市川沙椰】ヤジを飛ばす勇気がなくて……ごめんなさい。

+お気に入りに追加

──耳は口ほどにモノを言う。教えて、あなたの好きな音!

1401_mimi_01.jpg
(写真/三浦太輔 go relax E more)

Touching song

1401_mimi.jpg

憂歌団
『天王寺』
1975年にデビューした大阪のブルースバンド・憂歌団の名曲。「天使のダミ声」木村充揮率いる同バンドは98年に活動休止したが、13年5月に再結成を発表した。


 好きと嫌いとでいうと、私は「好き」を増やしたいタイプです。実はよく文句を言うほうですし、嫌いなものも結構多いので。たとえば男の人のブーツインとかも苦手……とまで言ってしまうと悪いですけど、「なかったらいいのになぁ」という私の中のリストには入っているので(笑)。

 音楽は大好きです!

 14歳の時に日本に戻ってきたんですけど、憂歌団なんて驚きました。アメリカで暮らしていた頃からブルースが好きだったんですけど、日本にもこんなにカッコいいブルースバンドが存在するんだって衝撃的で。この間も、木村充揮さん(憂歌団のヴォーカリスト)の弾き語りライブが聞きたくて、横浜の日ノ出町まで行ってきました。最高でした。ただ、ひとつだけ「ごめんね」と思ったのは、コール&レスポンス=別名ヤジを飛ばせなかったこと。木村さんや憂歌団のライブでは、ファンの方たちによる小粋なヤジとその返しが素敵なんですよね。トイレに行きたい人が「木村! ちょっとトイレ行ってくるから待っててや!」「待つか、ボケ!」みたいな(笑)。でも、その日のライブは、ちょうど台風の日でお客さんが少なかった上に、客席もおとなしめの方が多かったんです。何度か「じゃあ、私が」って思ったんですけど、小粋なヤジを飛ばせる自信がなくて、「やっぱり小娘がするもんじゃないな」とあきらめました。木村さん、勇気がなくてごめんなさい。

1401_mimi_02.jpg
(写真/三浦太輔 go relax E more)

 ヤジではないですけど、大声を思いっきり出せるのは、アニソンのライブです。もちろんサイリウムを手に握り締め、もうノリノリで声援を送っています。今度、みのりん(声優の茅原実里)のクリスマスライブが国技館であるので、いまから合いの手を準備しています。ただ、好きなアニソンというところでいえば、今年は4月クールのほうが多かった気がします。『波打際のむろみさん』(TOKYO MXほか)というアニメが放送されてたんですけど、そのオープニングの「七つの海よりキミの海」なんて良い曲で、カラオケでもよく歌いました。

 国技館では、別の大声を出すこともあります。「アミたーん!」とか「ごうたろう!」とか。そうです。相撲です。私は、もともと太った人が好きという不純な動機で相撲に惹かれていったんですけど、日本の国技はすごいです。奥が深い。技の決まり手から、各相撲部屋の相関関係や師弟関係まで。ちなみに、先ほどの「アミたん」=安美錦で、「ごうたろう」=豪栄道のこと。仲のいい編集者の方が相撲好きなので、普通にチケットぴあで席を取って彼女と一緒に観戦に出かけるのが楽しみで。

 結局、「情報制覇」なのかもしれないです。私が好きになるもの……アニメや相撲って、調べがいのある情報の宝庫。それを知りたい。制覇したい。もうひとつ大好きな鉄道もそうで、私の場合は、ドアの開閉音にたまらない魅力を感じるんですね。「バンッ!」パターンから「プシュ~!」パターンまで。特に東京メトロの東西線は運転手さんの手癖みたいなものも多くて、聞き応えがあります。ただ、アニメや相撲と違って鉄道のドアの開閉音の魅力に関しては、いままで共感を得られたことは、ほぼありません。なので、これ以上楽しく説明してといわれても無理です(笑)。

1401_mimi_03.jpg
(写真/三浦太輔 go relax E more)

 たまにですけど、「私だったら、もっとうまく市川を乗りこなせるのに!」なんて言われるんです。私、「市川紗椰」という乗り物を乗りこなせていないんですかね? 自分では十分間に合ってるつもりだし、これ以上どうすればいいのって感じなんですけど、モデルの仕事というのが華やかなイメージがあるからなのかなぁ。乗りこなしてない説を唱える仲のよい友達は、「私が紗椰のルックスを持ってたら合コンに行きまくる!」とか「イケイケな女子になる!」なんて言ってくるんですけど、確かに私は合コンには行かないですし、そもそも夜にお出かけすることもあまりありません。眠くなっちゃうんです。いまの市川で間に合っていると感じている私は、「暗くなったら寝てもいい」と思っているので。あ、その分、朝は早起きなんですよ。決して、ぐうたらな性格なわけではありません。いや、そうでもないか。寝るのは大好きでした(笑)。

 もし自分の最期がわかって、神様みたいな人に「最期に好きな曲を聞いてから死んでいいよ」なんて言われても、寝ながら終わりたいですもん(笑)。音楽は大好きだけど、最期にわざわざ何かを選んで聞くのは、私には似合わないと思います。カッコ良すぎる。

 あと、たぶん最期はひとりじゃないですよね? 家族なのかなんなのか。私の大好きな人たちが最期を見守ってくれてるのに、自分の好きな曲を聞くなんて申し訳ない気もしちゃいますし。もしその場面に音楽が必要なら、私じゃなくて周りの人たちの好みに合わせたいです。どうせ私は死ぬ身なんですから(笑)。

 なので私は、眠りにつきながら、何事もなかったかのようにさよならしたいです。外を走るクルマの音とか台所のおなべの鉄板が焼けるジューっていう生活音とかを聞きながら。いや、鉄板が焼ける音は生活音じゃないか(笑)。でも私、食べることも大好きですから。ちなみに、何人か好きな食べロガーさんがいて、その方たちのブログはほぼ情報制覇しています(笑)。

(インタビュー&文/唐澤和也)
(ヘア&メイク/井上祥平 nude.)

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

市川紗椰
1987年2月14日、愛知県生まれ。幼少期をアメリカで過ごし、14歳で日本へ。『毒だし「美腸」スムージー』(集英社)などの著書を持つ人気モデル。料理全般が得意で、自家製の生味噌や生醤油を作るという一面も。だが、「菌類は面白いです」と、料理に対しても“情報制覇”へのこだわりをのぞかせた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ