サイゾーpremium  > 連載  > 彼女の耳の穴  > 【連載】今月の耳寄り人:北乃きい

──耳は口ほどにモノを言う。教えて、あなたの好きな音!

1402_mimi_01.jpg
(写真/三浦太輔 go relax E more)

Touching song

1402_mimi_05.jpg

中島みゆき
『うらみ・ます』
1980年に発表された中島みゆきの7thアルバム『生きていてもいいですか』に収録されている1曲。象徴的な歌い出しから始まる、中島みゆきを象徴する“暗い曲”としてつとに有名。


 見るもの、聞くもの、いろんなもの。私は、好きなものが幅広いのかもしれません。音楽も幅広く聞くんですけど、ほかの表現よりもちょっと特別な存在だと感じています。音楽だけは、この世に生を受けた時から好きだったような気がしていて……。うちの母が、すっごく歌うのが好きで、歌手を目指していた人なんですね。いままで出会った人の中で一番うまいかもしれないってぐらい、本当に歌がうまくて。常に歌っている人だったから、私がおなかにいる時もずっと歌ってくれていたと思うんです。しかも、車を運転しながらとかでも、本気で熱唱するタイプで(笑)。

 歌好きなところは、母に似たんですかね。物心ついた2歳か3歳の時にオモチャのカラオケセットを買ってくれて、うれしかったのを覚えています。拡声器みたいなものに音量のツマミが付いてて、「ぞうさん」を歌うと自分の声がスピーカーから大きな歌声になって聞こえてくるのがうれしくて楽しくて……。

 中学生になると、レゲエが好きになりました。横須賀生まれなので、黒人音楽との距離感が近くて、ジャパニーズヒップホップも好きになって。MDに落として自分の好きなセットリストを作っていたんですけど、レゲエ、ジャパニーズヒップホップ、トランスと、その時々でハマった音楽は変わっても、ずっと聞き続けているのがクラシック。クラシックバレエとモダンバレエを習っていた経験が大きいと思うんですけど、いまでも大好きです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』