サイゾーpremium  > 連載  > 学者・萱野稔人の"超"哲学入門  > 【萱野稔人】覇権国アメリカの低迷と新秩序誕生
連載
萱野稔人の"超"現代哲学講座 第40回

覇権国アメリカの低迷と新秩序誕生

+お気に入りに追加

──国家とは、権力とは、そして暴力とはなんなのか……気鋭の哲学者・萱野稔人が、知的実践の手法を用いて、世の中の出来事を解説する──。

第40回テーマ「覇権国アメリカの低迷と新秩序誕生」

1312_kayano_01.jpg

[今月の副読本]
『国際秩序 18世紀ヨーロッパから21世紀アジアへ』
細谷雄一著/中公新書(12年)/924円
2010年、中国は世界第2位の経済大国となり、軍事力が急増するや、世界のパワーバランスが崩れていく――。近代西洋の興亡から、“西側世界”の価値観が全面的に受け入れられない今、新しい世界の秩序を考える。


 アメリカの地位低下がここにきて加速化しているのではないか。そんなことを思わせるできごとが相次いでいます。

 アメリカは戦後の世界における覇権国です。強大な軍事力と経済力によって世界経済の「総元締め」となっていたのがアメリカです。しかしその覇権国の地位からアメリカは少しずつ降りつつある。それを象徴するようなできごとが最近たてつづけに起きています。

 とくにインパクトが大きかったのは、シリアでの化学兵器使用をめぐるアメリカの迷走ぶりです。オバマ米大統領はシリアでの化学兵器使用に対し、いったんは軍事介入を表明しました。しかしイギリスが議会の反対によって軍事介入に参加しないことを決定すると、オバマ大統領は軍事介入の正当性を得るために米議会での承認を求める姿勢に転換。しかしその議会の承認さえも得られる見通しがたたなくなり、まったく身動きがとれなくなってしまいました。そんなときロシアがシリアの化学兵器を国際的に管理しようと提案して、ようやくアメリカは振り上げたこぶしを下ろすことができたのです。

 この一連の迷走ぶりはアメリカの威信を大いに傷つけました。ロシアからの助け舟がなければオバマ大統領のメンツも保てなかったということ自体、アメリカにとってはかなりの屈辱でしょう。たしかにアメリカによるシリアへの軍事介入が回避されたことはよかったかもしれません。しかし同時にそれは、これまで中東における安全保障上の秩序を提供してきたアメリカの覇権が揺らぎつつあることを決定的に示しもしました。

 もともと中東におけるアメリカの支配的な地位は、イラク戦争後の状況をアメリカが有効にコントロールできなかったことで崩れはじめていました。2011年にエジプトのムバラク大統領が反政府デモの圧力によって退陣したのはその象徴です。なにせ、ムバラク大統領はアメリカの庇護のもと29年にわたってエジプトで独裁政権を維持してきたわけですから。ムバラク大統領の退陣はアメリカの退陣でもあったんですね。シリア問題をめぐる今回の顛末は、中東におけるアメリカの影響力をさらに低下させました。イスラエルやサウジアラビアといったアメリカの同盟国は、もうアメリカにばかり頼ってはいられないと、独自の行動を模索しはじめています。

 アメリカの地位低下を示すできごとはほかにもあります。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21
    • 【森発言は女性差別?】高齢者座談会
    • 広がる【陰謀論とGAFA】の対応
    • 【Qアノン】の主張
    • ビジネス的な【福音派】の布教
    • 【ザ・ボーイズ】が描く福音派
    • 【反ワクチン運動】の潮流
    • 取り沙汰されてきた【ワクチン4種】
    • 【メガIT企業】が触れたタブー
    • 【民間PCR検査】の歪な構造
    • 【NHK】に問われる真価
    • 【テレ東】が身中に抱えた爆弾
    • 【キム・カーダシアン】の(危)人生
    • 【仰天修羅場】傑作5選
    • 月収12万でアイドルが【パパ活】
    • 【パパ活】の背景にある雇用問題
    • 金融の民主化【ロビンフッド】の闇

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【朝日ななみ】新人役者は“嫌われるほど悪い役”を目指す!
    • 【はるかりまあこ】新風を巻き起こす三人官女のサウンド
    • 【SILENT KILLA JOINT & dhrma】気鋭ラッパーとビート職人
    • 【松居大悟】自身の舞台劇をどのように映画化したのか?
    • 【BOCCHI。】“おひとりさま。”にやさしい新人7人組

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』