サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 『いいとも』終了で加速するか!? フジの不人気長寿バラエティー切り

1310_okaxile.jpg
『めちゃイケ 赤DVD 第2巻 オカザイル2』(よしもとアール・アンド・シー)

 フジテレビ系の人気バラエティー番組『笑っていいとも!』が来年3月で終了することが22日に番組内で発表されたが、現レギュラー陣のお笑いコンビ・さまぁ~ず、タレントのベッキーをはじめ、芸能人たちが驚きと悲しみを続々とツイッターに書き込んだが、『いいとも』の終了発表で、今後、フジの局内では大改革が行われそうだというのだ。

「1982~1992年に11年連続、 2004~2010年に7年連続でいわゆる『視聴率3冠』を獲得した姿はいまや見る影もなく、王座をテレ朝に明け渡し、日テレの後塵を拝したうえに、月間単位ではTBSにも負け、『振り向けばテレ東』と言われる体たらく。株主たちからの不満の声も年々高まっているだけに、局の上層部も焦っている。そこで、大々的なテコ入れが行われることになりそうだ」(広告代理店関係者)

 そのテコ入れとは、視聴率が低迷するドラマ部門の見直しはもちろん、フジの高視聴率を支えて来たバラエティー部門の大幅な見直しだというのだ。

「先の改編でダウンタウンが司会をつとめる『爆笑 大日本アカン警察』の放送終了、ならびにダウンタウンの新レギュラー番組のスタートが発表されたが、ギャラに見合った視聴率を獲得できなくなってしまっていたただけに、本音は切りたいところ。結局、様々な”大人の事情”で切れなかっただけに、ほかの低視聴率バラエティー番組の打ち切りが検討されている。真っ先に名前があがっているのが、今や唯一となったとんねるずの冠番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』。とんねるずと豪華ゲストにたっぷりギャラを払っているにもかかわらず、最近は視聴率が9~12%台をうろうろしていて、今後、跳ね上がりそうな気配はない。次に打ち切り候補にあがっているのが、メンバーをリニューアルしてから視聴率がガクンと落ちた『めちゃ×2イケてるッ!』。特番以外は8%台に落ち込むことが多く、いっそのことメンバーをリニューアルして、定期的に特番のみを放送しようという流れになっている」(フジテレビ関係者)

『みなさんの――』と『めちゃイケ』でたっぷり稼いでいる芸能人たちにとっては、『いいとも』のレギュラーを失った芸能人たちの困惑ぶりは他人事ではなくなりそうだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』