サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 『いいとも』終了で加速するか!? フジの不人気長寿バラエティー切り

1310_okaxile.jpg
『めちゃイケ 赤DVD 第2巻 オカザイル2』(よしもとアール・アンド・シー)

 フジテレビ系の人気バラエティー番組『笑っていいとも!』が来年3月で終了することが22日に番組内で発表されたが、現レギュラー陣のお笑いコンビ・さまぁ~ず、タレントのベッキーをはじめ、芸能人たちが驚きと悲しみを続々とツイッターに書き込んだが、『いいとも』の終了発表で、今後、フジの局内では大改革が行われそうだというのだ。

「1982~1992年に11年連続、 2004~2010年に7年連続でいわゆる『視聴率3冠』を獲得した姿はいまや見る影もなく、王座をテレ朝に明け渡し、日テレの後塵を拝したうえに、月間単位ではTBSにも負け、『振り向けばテレ東』と言われる体たらく。株主たちからの不満の声も年々高まっているだけに、局の上層部も焦っている。そこで、大々的なテコ入れが行われることになりそうだ」(広告代理店関係者)

 そのテコ入れとは、視聴率が低迷するドラマ部門の見直しはもちろん、フジの高視聴率を支えて来たバラエティー部門の大幅な見直しだというのだ。

「先の改編でダウンタウンが司会をつとめる『爆笑 大日本アカン警察』の放送終了、ならびにダウンタウンの新レギュラー番組のスタートが発表されたが、ギャラに見合った視聴率を獲得できなくなってしまっていたただけに、本音は切りたいところ。結局、様々な”大人の事情”で切れなかっただけに、ほかの低視聴率バラエティー番組の打ち切りが検討されている。真っ先に名前があがっているのが、今や唯一となったとんねるずの冠番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』。とんねるずと豪華ゲストにたっぷりギャラを払っているにもかかわらず、最近は視聴率が9~12%台をうろうろしていて、今後、跳ね上がりそうな気配はない。次に打ち切り候補にあがっているのが、メンバーをリニューアルしてから視聴率がガクンと落ちた『めちゃ×2イケてるッ!』。特番以外は8%台に落ち込むことが多く、いっそのことメンバーをリニューアルして、定期的に特番のみを放送しようという流れになっている」(フジテレビ関係者)

『みなさんの――』と『めちゃイケ』でたっぷり稼いでいる芸能人たちにとっては、『いいとも』のレギュラーを失った芸能人たちの困惑ぶりは他人事ではなくなりそうだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』