サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > “ノンケ”の彼氏に楽屋で××を舐めさせ……【楽しんご】の蛮行
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

“ノンケ”の彼氏に楽屋で××を舐めさせ…明るみになった楽しんごの蛮行

+お気に入りに追加

1310_az_tanoshingo.jpg
『楽しんごと一緒に学ぶ セルフ「整体&マッサージ」』(日経BP社)ナメしんご。

 元付き人男性のAさんから、暴行を受けたことを先月30日発売の写真週刊誌「フライデー」で告発されたお笑い芸人の楽しんご。

 報道によると、Aさんは半同棲生活を送っていた楽しんごから、朝起こさなかったことをキレられて、頬やアゴなどを7回にわたって殴られて、全治1週間のケガを負ったとか。

 その後、楽しんごサイドが謝罪文と示談金名目として100万円をAさんに渡すも、和解には至っていないという。

「一時期は芸能界引退なんてウワサも流れましたが、所属事務所の吉本興業は解雇しない方針のようです。まあ、あそこはタレントの不祥事には甘いですし、まだまだ商品価値はあると思っているんじゃないですか」(某スポーツ紙・吉本担当記者)

 とはいえ、愛嬌のあるゲイキャラでブレークした楽しんごだけに、暴行トラブルでのイメージダウンは必至。

「楽しんごは以前にも、かつての相方で元AV女優のすぎはら美里(現・西脇理恵)からも、友人に拉致暴行し、全治2週間の怪我を負わせたことを暴露されていますし、今回の件が追い打ちになった格好ですね」(同記者)

 たとえ吉本興業が許しても今後の芸能活動は前途多難なようだが、その一方で気になるのはAさんとの仲だ。

 同誌の記事によると“半同棲生活を送っていた”と言うが、「Aさんはゲイではないものの、楽しんごとは付き人以上の愛人関係にあった。楽屋でよく乳首ナメをさせられたり、局部をナメさせられたりもしていたそうです。時には2人でトイレに消えることまであったとか…」(某芸能プロダクションマネジャー)

 楽しんごは芸人たちの間ではかなりの巨根の持ち主として知られており、ご奉仕プレイはかなりハードそうだが、それでAさんがキレて和解が成立しないのかと言うと、そうではないようで…。

「じつはAさんサイドにはアドバイザーのような男性がついている。この男性が楽しんごサイドとの和解を拒むようにAさんをけしかけているフシもあるんです。そうじゃなきゃ、ケチなしんごが100万円も払いませんよ」(吉本興業関係者)

 この騒動、まだまだひと波乱もふた波乱もありそうそうだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年1・2月号

狂騒のSDGs

狂騒のSDGs

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!
    • 【中尾百希】アパレル経営者グラビア!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】鈴木ふみ奈
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】ウィンターパーティ
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 自殺願望を傾聴する【僧侶】の哲学
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【DokiDoki Live】人気ライバーの川柳選評
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報