サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【チャゲアス】ASKA薬物報道を即否定した理由は?
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

「事実に反しており」の根拠は?チャゲアス・ASKAの事務所が「文春」の記事にさっそく反論した理由

+お気に入りに追加

1308_pnews_aska.jpg
ぴあ&ASKA(ぴあ)。堂本剛と対談してるのが気になる。

 男性デュオ「CHAGEandASKA(以下チャゲアス)」のASKAが薬物を使用する映像を元に暴力団関係者から脅迫されていたと、1日発売の「週刊文春」(文芸春秋)8月8日号で報じられた件で、チャゲアスの所属事務所「ロックダムアーティスツ」は同日、「報道の内容は事実に反しており、大変遺憾です。弊社としてはこれらの報道に対し、厳重に抗議いたします」とのコメントを公式サイトで発表した。

 同誌によると、ASKAは暴力団関係者から覚醒剤など数種類の薬物を購入。さらには、ASKAが薬物を使用する映像を盗撮した関係者から脅迫を受けたというが、事務所担当者は同日、一部スポーツ紙に対して「映像があったという記述も含めて事実ではありません」とコメント。また、ASKAは、今月末にチャゲアスの活動再開コンサートを予定していたが、6月に一過性脳虚血症の疑いがあるとして公演の延期を発表し体調が心配されていたが、同担当者は「現在も療養中です。今回の報道について、ASKAから説明することはありません」としているがかなり分が悪いようだ。

「ASKAの薬物使用映像については、ほかのメディアにも関係者を通じて“売り込み”があったようで、このまま事務所が否定し続けるならば、ついにその“証拠”がメディアに出てしまう可能性もありそう。そもそも『文春』はしっかり裏を取っていなければ、ASKAが逮捕されていないにもかかわらず、堂々と実名で報じるということはなかっただろう。『ロックダム』は『報道の内容は事実に反しており』としているが、どこが事実でどこが事実でないかをきちんと説明しないと今回の報道を打ち消すことはできないだろう」(週刊誌記者)

 にもかかわらず、事務所サイドは早急に否定コメントを出したが、それにはそうせざるを得ない深い事情があったというのだ。

「現在のチャゲアスは大手レコード会社『ユニバーサルミュージック』に所属しているが、ユニバーサルもほかのレコード会社同様、長引く“音楽不況”のあおりを受けCDが売れないため、売れない歌手はどんどん契約を打ち切る方針。チャゲアスは同社に移籍後、ヒット曲がなく、目立った実績と言えば、09年2月に同社から発売されたベストアルバムが5万枚売れたぐらい。ただでさえリストラ対象なのに、今回のような件があればたちまち契約を切られてしまうだろう。そうならないように、とりあえず、否定することが必要だったが、今後、続報が報じられ何も“反論”できないようであれば契約を切られることになりそう」(レコード会社関係者)

 ソロでコツコツと音楽活動を続け、チャゲアスの活動再開を待ちわびていたCHAGEはとんだどばっちりを受けてしまったようだ。

(了)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』