サイゾーpremium  > 限定  > 【premium限定】沢村一樹が証明した直撃取材の妙味
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

今の芸能レポーターは弱い者いじめしかしない!?沢村一樹が証明した直撃取材の妙味

+お気に入りに追加

――数々の芸能スクープをモノにしてきた芸能評論家・二田一比古が、芸能ゴシップの“今昔物語”を語り尽くす!

1308_nashimoto_pn.jpg
絶筆 梨元です、恐縮です。 ぼくの突撃レポーター人生録(展望社)。直撃もひとつの"芸"。

「週刊文春」(文藝春秋)が俳優・沢村一樹の不倫現場を直撃取材。その一部始終は傑作だった。

 人間、ふいに取材を受けると慌てふためく者あり。怒り出す者あり。思わず本音で喋る者ありとさまざまだが、昔から多いのが「事務所を通して下さい」。率直に言って、事務所を通すくらいなら直撃などしない。仕事の話ならともかく、直撃はプライベートな話なので、本人に直撃するのが自然なのだが、芸能人にとって"事務所"は都合のいい逃げ道。結局、事務所を通したコメントは当たり障りないものとなってしまう。

 直撃はその人の人間性が出る。沢村は大人の役者らしい堂々とした対応だった。

 沢村は「文春」の直撃に対して、「カミさんが一番。二番目は彼女かなあ」と答えたかと思えば、エッチについても「した」「してない」と答えははぐらかしたが、面白かった。"エロ男爵"沢村ならではのコメントだろうが、最初から事務所を通していたら、果たして、同じコメントを取れていたかは疑問だ。

「文春」発売当日は、沢村主演の人気ドラマ『DOCTOR2』(テレビ朝日)の放送初日。懸念された視聴率は20%近い数字を上げ好発進。スキャンダルなどものともしなかった。不倫相手や妻とのその後はともかく、俳優としての沢村の株は上がったと思う。

 男と女のスキャンダルは芸能マスコミの王道だが、最近、やたらと目に付くのが事務所を通じ「仲のいい友達の一人と聞いています」というコメント。まるでマニュアルでもあるかのように共通している。これでは取材の本質から外れてしまい、記事にしても物足りなさが残ってしまう。

 男女関係の取材は周辺から始まる。十分な証拠が揃ったところで本人に直撃するのが取材の"いろは"。ところが、本人を直撃するのはほとんど週刊誌だけ。芸能レポーターもスポーツ紙の記者もほとんど直撃をせずに、事務所を通したコメントに終始している。直撃するのは、中島知子や美元など特定の人物に限られている。スポーツ紙記者の話を聞くと「要は大手事務所など強力な後ろ盾のない弱いタレントに限られている。昨年は騒動の渦中にいた小林幸子も直撃でした」という。

 芸能レポーターも然り。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』