サイゾーpremium  > ニュース  > 【premium限定】暴走する浜崎あゆみの恋愛
連載
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

浜崎あゆみ凋落の原因は"オトコの質"!? 暴走する浜崎あゆみの恋愛

+お気に入りに追加

――数々の芸能スクープをモノにしてきた芸能評論家・二田一比古が、芸能ゴシップの“今昔物語”を語り尽くす!

1307_hamasaki_n.jpg
浜崎あゆみのLOVE again (CD+DVD)。

 浜崎あゆみの新恋人をスクープしたのは、また「女性セブン」(小学館)だった。「浜崎サイドとセブンの間に密なホットラインがあるのでは」という同業他社のやっかみもあるが、2人の韓国・バリ・神戸・東京に渡る軌跡を克明に記事にしている。とりわけバリ島で滞在した高級ホテルのスイートルームは一泊70万円を超えるというから驚きだ。浜崎の変わらぬセレブぶりが伺える。

 芸能人の熱愛発覚といえば、お互いの部屋か国内のホテル(時には庶民的にラブホ)が愛の現場になるのが相場。だが、浜崎は昨年発覚(後に破局)した年下のバックダンサー・内山麿我の時もパリ旅行が報じられたように、まるで「私はその辺の芸能人とは違うのよ」とアピールするかのように見える。

 スキャンダルがスターの証明であるかのように見せつける浜崎だが、「今の浜崎は一時の勢いがない。男の話が出るのは決まってツアーや新しいCDの発売前のタイミング。スキャンダルでツアーを盛り上げるのが目的では」とまで揶揄されている。

 実際、浜崎に新しい男ができたとしても、「またか」と、ニュース価値がなくなってきているのも事実。要因は付き合う男にある。誰と恋愛しようと本人の好みであり自由であるが、芸能人である以上、相手の氏素性も大事な要素だ。特に女性の場合、その比重が占める割合は高い。

「恋愛でも結婚でも、私たちは誰でもいいわけではない。どんなに見た目も性格もタイプであっても、相手の地位、財産、収入のほうが優先される。結婚によって今までの生活レベルを落とすことはできないのよ。それが女優としてのプライド」と、今も独身のベテラン女優から聞かされたことがある。

 男も“ブランド者”に限られるのだ。結果、肩書や金で結婚して、金の切れ目が縁となり離婚したケースは少なくない。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』