サイゾーpremium  > ニュース  > 【premium限定】暴走する浜崎あゆみの恋愛
連載
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

浜崎あゆみ凋落の原因は"オトコの質"!? 暴走する浜崎あゆみの恋愛

+お気に入りに追加

――数々の芸能スクープをモノにしてきた芸能評論家・二田一比古が、芸能ゴシップの“今昔物語”を語り尽くす!

1307_hamasaki_n.jpg
浜崎あゆみのLOVE again (CD+DVD)。

 浜崎あゆみの新恋人をスクープしたのは、また「女性セブン」(小学館)だった。「浜崎サイドとセブンの間に密なホットラインがあるのでは」という同業他社のやっかみもあるが、2人の韓国・バリ・神戸・東京に渡る軌跡を克明に記事にしている。とりわけバリ島で滞在した高級ホテルのスイートルームは一泊70万円を超えるというから驚きだ。浜崎の変わらぬセレブぶりが伺える。

 芸能人の熱愛発覚といえば、お互いの部屋か国内のホテル(時には庶民的にラブホ)が愛の現場になるのが相場。だが、浜崎は昨年発覚(後に破局)した年下のバックダンサー・内山麿我の時もパリ旅行が報じられたように、まるで「私はその辺の芸能人とは違うのよ」とアピールするかのように見える。

 スキャンダルがスターの証明であるかのように見せつける浜崎だが、「今の浜崎は一時の勢いがない。男の話が出るのは決まってツアーや新しいCDの発売前のタイミング。スキャンダルでツアーを盛り上げるのが目的では」とまで揶揄されている。

 実際、浜崎に新しい男ができたとしても、「またか」と、ニュース価値がなくなってきているのも事実。要因は付き合う男にある。誰と恋愛しようと本人の好みであり自由であるが、芸能人である以上、相手の氏素性も大事な要素だ。特に女性の場合、その比重が占める割合は高い。

「恋愛でも結婚でも、私たちは誰でもいいわけではない。どんなに見た目も性格もタイプであっても、相手の地位、財産、収入のほうが優先される。結婚によって今までの生活レベルを落とすことはできないのよ。それが女優としてのプライド」と、今も独身のベテラン女優から聞かされたことがある。

 男も“ブランド者”に限られるのだ。結果、肩書や金で結婚して、金の切れ目が縁となり離婚したケースは少なくない。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』