サイゾーpremium  > 限定  > 【premium限定】剛力彩芽の異常な売れ方と異変
連載
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

マルチタレント化は危険!? 剛力彩芽の異常な売れ方と異変

+お気に入りに追加

――数々の芸能スクープをモノにしてきた芸能評論家・二田一比古が、芸能ゴシップの“今昔物語”を語り尽くす!

1307_goriki_n.jpg
剛力彩芽のデビューシングル友達より大事な人(初回生産限定盤)。

 芸能界には不思議な女性タレントがいる。一見、アイドルっぽい雰囲気だが、決してアイドルではない。といって檀蜜のようにセクシーなわけでもない。またAKB48のように熱烈なファンがいるわけでもない。それでもテレビにはコンスタントに出ている。

 その代表格がベッキーと関根麻里の2人だろう。

 確かに、「俺、ベッキーの大ファン」という男の子はほとんど聞かないが、仕事は順調そのもの。情報番組を仕事の主戦場に、CMや時には女優業もこなす。「オールマイティー」といえば聞こえはいいが、要は「可もなく不可もなく使い勝手がいい」とは業界内の声。

 そんな2人に共通しているのは、未だにスキャンダルがないことだ。熱愛でいえば、関根は昨年、韓国人歌手であるKとの熱愛が報じられた。彼女の父親の関根勤もKを褒め、国際結婚かと先走りするマスコミもあったが、未だに進展している様子もなく、「話題作りのネタだったのでは」との疑惑も出るほどだ。ベッキーに関しては男の話は未だに皆無。

 男嫌いなのか、それともうまくやっているのかわからないが、すでに芸能マスコミの関心すら薄くなっている。スキャンダルがなければ、クライアントも安心してCMに使える。結果、CMが増える。タレントとしてはある種、理想的だが、見る側、追う側はつまらない。毒にも薬にもならない「人畜無害」のタレントと揶揄されるのだ。

 さて、2人に次ぐのが剛力彩芽だろう。すでに2人を完全に凌ぐ売れっ子にまで成長しているが、不思議なことに筆者は「剛力ファン」を自称する熱烈ファンをあまり知らない。それでもCMの数は群を抜いている。彼女をテレビで見ない日はないほどその顔は売れているが、見る側は少々、食傷気味なのも否めない。

 剛力は女優もこなし、7月には歌手デビューまで果たしたが、マルチタレントとしての本領発揮のはずが、意外な反応が起きている。彼女に対してのバッシングがネットで起きているのだ。

 もちろん、褒める言葉もあるが、「歌は下手」「害虫」といった類のブーイングの書き込みが圧倒的に多く、デビュー曲でこんなに反感を買われてしまうのは珍しい。ひがみともイジメとも思われる内容で、剛力自身もショックを受けているという。

 剛力は小4で芸能界に入り雑誌のモデルをきっかけに、女優デビュー。今年の1月には『ビブリア古書堂の事件手帖』で、フジの"月九"で主演まで務めたが不発に終わったように、女優としてまだ代表作と呼べるものはない。やたらと目立つのはCMだ。

 前述の2人のように使い勝手の良さもあろうが、剛力は髪をショートにしてより「爽やかさ」を演出したことでイメージアップにつながった。その一方でしきりに言われているのが、事務所の「剛力(ゴリ)押し」営業。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』