サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 【カルチャー】文壇"新"女帝競争は湊かなえが一歩リード!?
ニュース
文壇ゴシップ座談会!

本屋大賞受賞作発表!文壇では湊かなえと有川浩が覇権争い!?

+お気に入りに追加

文芸関係者による文壇ゴシップ座談会

4月9日、2013年本屋大賞の受賞作が発表となった。一次投票が12年11月1日から13年1月6日までに行われ、全国463書店598人が投票。その後の二次投票では、10位が総得点タイとなったため、上位11作品がノミネート作品として発表。3月上旬に、受賞作の版元である講談社に事務局長などが赴き、受賞が伝えられたという。

1305_az_kaizoku.jpg
2013年本屋大賞受賞の百田尚樹著『海賊とよばれた男』

【座談会参加者】
A:雑誌編集者
B:中堅書店の書店員
C:文芸系ライター

A 早速だけど、今年の本屋大賞【1】は百田尚樹の『海賊とよばれた男』(講談社)に決まったね。

B 書店員の間では、毎年恒例「自分が推した本が大賞じゃなかった」話が、繰り広げられてますよ(苦笑)。まぁ今回は、無難な並びだったんじゃないでしょうか。

C 近年の受賞作は、出版社の書店営業による集票合戦のような状態になっていたからね。

B そうした背景もあって、第9回(12年)から2次選考の投票方法が変わって、投票するにはノミネート作すべてを読むことになった。そのかいもあってか、渋いけど妥当な作品が揃うようになってきました。ただ今回は、上下巻ものや500ページ以上ある大作が多くて、2次投票締め切り前は、なかなか辛かった(苦笑)。

C 大賞の百田さんは、構成作家らしく、資料を読み込んでお話を紡ぎ上げるのがうまいから、歴史ものはピッタリ。2位の『64』(文藝春秋)も、横山秀夫の7年半ぶりの新作。こちらは、緻密な取材に基づいた警察小説で、圧巻だった。

B 横山さんは、休養説が流れるほどブランクが長くて、作家活動そのものが心配されていましたからね。

A 一方で、あんまりサプライズのない賞になったように見える。若手の実力派として人気を集めていたものの、09年に亡くなった伊藤計劃と、同じく若手で人気のある円城塔の合作となった『屍者の帝国』(河出書房新社)がノミネートされたのはいいとして、大御所の宮部みゆき先生や窪美澄(『晴天の迷いクジラ』)・原田マハ(『楽園のカンヴァス』)という、新潮社刊・山本周五郎賞受賞作家コンビなど、受賞しなくても売れるでしょ、という作品ばかりという印象だよ。

B 宮部さんはすごく温厚な人柄で、各方面に気遣いもできる。書店員の間でも評判がいいですからね。

A そんなラインアップの中で悪目立ちしていたのが、映画プロデューサー・川村元気の『世界から猫が消えたなら』だった。いかにもマガジンハウスらしい、軽い読み口の作品。本屋大賞が政治闘争の激しかった“暗黒期”ならいざ知らず、今はまず受賞できないでしょう。

C ところが、下馬評では受賞候補として有力視されていたんだよ。なにせ映画では、『告白』『悪人』などを手がけて大ヒットさせているし、とにかく話題作りがうまい。実際に同書も、20万部を突破し、アマゾンの文芸ランキングでも連日1位だった。秋元康ほか話題の著名人が感想を寄せまくっていたし、話題作りに関してはお上手、といったところか。

A ただ、著者が書店にあいさつ行脚に来て、顰蹙を買っていたね。マガジンハウスは書籍の営業も他社に比べてかなり少ないし、あまりに露骨でしょ。

B しかも行った先で「次、●●書店に行くんですけど、どうやって行くかわかります?」とか聞いてくる始末だったと、対応した書店員は苦笑いしてたそうですよ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』