サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【高橋真麻】の退社は影響力皆無?
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

「退社は時間の問題だった」フジ退社を発表した高橋真麻アナのバラ色の未来

+お気に入りに追加

 フジテレビは13日、俳優・高橋英樹の愛娘で同局の高橋真麻アナが、3月いっぱいで退社することを発表した。

1303_maasa_news.jpg
フジテレビ内の高橋真麻の公式ブログ『マーサ☆ワールド』より。

 マスコミ各社に送ったファクスで高橋アナは「アナウンサーとしていろいろな仕事を経験させていただくうちに、アナウンサーという枠を超え、より幅広く仕事をしていきたいという思いが強くなりました。4月で入社10年目を迎える節目に自分の可能性を試してみたいと思い退職を決意した」と退社する理由を説明。今後については「退職後のことはまだ決まっておりませんが、これまでの経験を生かし、さまざまな活動ができたらと思っております」としているが、社内からはほとんど退社を惜しむ声はあがっていないようだ。

「いまだに憧れの職業である女子アナだが、どこの局も華やかな番組の司会のような仕事はごく一部で、日々の雑務をこなしたり、本意ではない番組を担当させられたり何かと忙しい。ところが、真麻アナの場合、鳴り物入りで入社したため、周囲も雑務を頼みにくい状況で明らかにアナウンス部の中でも異質の存在だった。レギュラーで担当するのは低視聴率のために3月で打ち切られる情報番組『知りたがり!』のみ。しかも、父親がナレーションを担当する1コーナーのみ。フジの女子アナの年収はずば抜けて高く、真麻アナは1700万円と言われているだけに、その年収からするとほとんど"戦力"になっていなかった」(フジテレビ関係者)

 それでも、ここ数年は特番などで披露したその曲の世界に見事に入り込むという"熱唱芸"でブレーク。11年に行われた同局の夏のイベント「お台場合衆国2011 」ではイベント期間中47日間の毎朝、カラオケを2曲ずつ披露し話題となり、そのあたりからバラエティー番組でもハジけるようになったが、以前も退社騒動を巻き起こしていたというのだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号

令和時代の(新)タブー

令和時代の(新)タブー
    • 新紙幣【渋沢栄一】の功罪
    • 【薬物裁判】の戦い方
    • 駆け込み【薬物解毒病院】の実態
    • 【働き方改革】芸能事務所の本音
    • 【奈月セナ】タブーすぎるGカップ
    • 【名探偵コナン】のタブーとは?
    • 【平成とコナン】日本の写し鏡
    • ディズニーと【ダッフィー】の謎
    • 令和の【日本語ラップ】を考える
    • 【ブートクチュール】の最尖端
    • インスタグラム【パクリ暴露】アカ
    • 【女性皇族】結婚相手に求められる品格
    • 【愛子天皇陛下】実現の可能性は?
    • 格差を生む!?IOT時代の【電力問題】
    • 【エネルギー問題】を解決する施策
    • 【顔認証】で監視国家へ進む日本
    • 【スコアリング社会】のディストピア
    • なぜ【ショタコン女性】が増えているのか
    • 【ショタコンマンガ】傑作3選

「サイゾー」表紙の20年史

「サイゾー」表紙の20年史
    • 【祝20周年】橋本マナミも都丸紗也華も登場!

NEWS SOURCE

    • 【錦戸亮】退所?揺れるジャニーズ
    • 安倍政権の謀略戦で【立憲】窮地に!
    • エイベの恥さらし【AAA】暴行事件の遠因

インタビュー

    • 【山田佳奈実】ダンス極めし女優の野心
    • 【DJ松永】ラジオに救われた人気DJが自虐封印
    • 【ミヤギフトシ】気鋭美術作家の青春小説

連載

    • カバーガール/小倉優香
    • 【大間乃トーコ】Hカップの夢は保健の先生
    • 三代編集長で振り返る【サイゾー】の20年
    • 【ラウンドガール】圧巻の11人グラビア
    • 【珠緒】は冷たい芝生の上に
    • 【次のIT】とどう付き合うのか?
    • 【更科功】化石人類から見える人間の根源(前)
    • 高須基仁/【国への思いに右も左もない!
    • 【生殖器崇拝】と一般認識の深き溝
    • 中国イーコマース企業が作った【完全無人倉庫】
    • 【ニプシー・ハッスル】R&Bは絶滅へ向かう
    • 町山智浩/【アス】特権と罪悪感の恐怖を描くホラー
    • 日本経済【平成の失敗】と令和時代への教訓
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/サイゾーの成人式
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『82年生まれ、キム・ジヨン』日韓のフェミニズムの今
    • 【全身ラバー】女と出会いたい
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【大江戸ビール祭りの仕掛人】醸造に乗り出す!
    • 伊藤文學/【薔薇族】の女性読者たち
    • 幽霊、獣に成り果てたフレンズたち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』