サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【高橋真麻】の退社は影響力皆無?
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

「退社は時間の問題だった」フジ退社を発表した高橋真麻アナのバラ色の未来

+お気に入りに追加

 フジテレビは13日、俳優・高橋英樹の愛娘で同局の高橋真麻アナが、3月いっぱいで退社することを発表した。

1303_maasa_news.jpg
フジテレビ内の高橋真麻の公式ブログ『マーサ☆ワールド』より。

 マスコミ各社に送ったファクスで高橋アナは「アナウンサーとしていろいろな仕事を経験させていただくうちに、アナウンサーという枠を超え、より幅広く仕事をしていきたいという思いが強くなりました。4月で入社10年目を迎える節目に自分の可能性を試してみたいと思い退職を決意した」と退社する理由を説明。今後については「退職後のことはまだ決まっておりませんが、これまでの経験を生かし、さまざまな活動ができたらと思っております」としているが、社内からはほとんど退社を惜しむ声はあがっていないようだ。

「いまだに憧れの職業である女子アナだが、どこの局も華やかな番組の司会のような仕事はごく一部で、日々の雑務をこなしたり、本意ではない番組を担当させられたり何かと忙しい。ところが、真麻アナの場合、鳴り物入りで入社したため、周囲も雑務を頼みにくい状況で明らかにアナウンス部の中でも異質の存在だった。レギュラーで担当するのは低視聴率のために3月で打ち切られる情報番組『知りたがり!』のみ。しかも、父親がナレーションを担当する1コーナーのみ。フジの女子アナの年収はずば抜けて高く、真麻アナは1700万円と言われているだけに、その年収からするとほとんど"戦力"になっていなかった」(フジテレビ関係者)

 それでも、ここ数年は特番などで披露したその曲の世界に見事に入り込むという"熱唱芸"でブレーク。11年に行われた同局の夏のイベント「お台場合衆国2011 」ではイベント期間中47日間の毎朝、カラオケを2曲ずつ披露し話題となり、そのあたりからバラエティー番組でもハジけるようになったが、以前も退社騒動を巻き起こしていたというのだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド