サイゾーpremium  > インタビュー  > 【益戸育江】"意外な"大麻の効力
インタビュー
元女優が唱える大麻賛歌!!

【益戸育江】"大麻でハッピーピース"高樹沙耶が女優業を辞めてまで訴える"真実"とは?

+お気に入りに追加

――“新婚生活相手”と報じられた大麻草検証委員会代表・森山繁成氏のインタビュー(小誌1月号)に続き、渦中の益戸育江氏が“大麻擁護問題”について口を開いた──。

1302_masudo.jpg
(写真/K-D)

「私このたび、大麻草検証委員会の幹事となり、自然回帰活動とともに、この事を多くの方に知っていただきたく活動に参加する事を表明いたします」──。2012年7月にこんな声明をブログで発表したのは、現在「ナチュラリスト」という肩書で環境保全活動に取り組む益戸育江氏。女優時代に長らく使用されていた旧芸名「高樹沙耶」の名のほうが、いまだ世間的には馴染み深いだろう。

 そんな彼女が「大麻は私たち人間にとって有効なものであるという“真実”に触れてほしい」という思いで綴った著書『ホーリープラント』(明窓出版)が、12月に出版された。ピンクの大麻をあしらった装丁にするなど、女性読者を意識した作りにしたそうで、これには大麻取締法改正に向けての狙いが込められているとか。

「法改正を実現するには、子育てしているお母さんとか、連帯しやすい女性たちの賛同を得ることが必要不可欠。今はほとんどの人が国によって”大麻=麻薬”と洗脳されてしまっているので、なかなか難しいとは思いますが、同性の私が語ることで、少しでも女性たちに意識改革を起こせたらいいなと。国は大麻のことを、まるで悪魔の産物であるかのように喧伝していますけど、あくまで自然が作り出したものだし、海外諸国では医療用として研究が進められているくらい効能は確か。そのことをきちんと公表もせず、所有・栽培している人がいたら即逮捕って……おかしいと思いません? もしも大麻が本当に私たちの健康を阻害するものだったら、『徹底的に取り締まってくださってありがとうございます』と感謝するけど、そうじゃないんですもの。むしろ、免疫力は高まるし、鎮痛作用はあるし、“ハッピーピース”みたいな感じになるからうつ病にも効くしで、いいことずくめですよ」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【河合優実】「森永 in ゼリー」CMで話題の若手女優
    • 【ACE COOL】「本当の己」と「ラッパーである己」を見極める
    • 【BALLISTIK BOYZ】EXILE TRIBEの末っ子、世界への跳躍

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』