サイゾーpremium  > 特集  > IT  > SNSの普及に見るAKB48【スキャンダル史】
第1特集
ITの進歩と歩んだAKB48の"誤爆""流出"スキャンダル史【3】

LinQの"SNSテク"は中洲のキャバ嬢以上!? SNSを有力な武器にする非AKB48アイドルたちとIT

+お気に入りに追加

──そもそもAKB48は06年にテレビ電話による公開オーディションを行ったり、ネット上の仮想世界『セカンドライフ』に参加するなど、発足当初からITには積極的だった。一方で、ほかのアイドルたちはいかがなものか?

1211_linq.jpg
同じ福岡で活動するHKT48は、すでにLinQに完敗の模様。

「ちょうどツイッターやフェイスブックなどのSNSが爆発的に広まった10年に、ハロー!プロジェクトに所属するスマイレージのメンバーがブログを通じて特定の男性ファンに私信を送り、一緒に焼き肉を食べに行こうとするという事件が起こりまして。それをきっかけに、自社のアイドルがファンとつながってしまうことを懸念して、SNSにはなるべく参入させたがらないプロダクションが増えましたね。みんな、合言葉のように『スマイレージみたいなことが起こらないように』と言っています。そうそう、これは聞いた話ですけど、ももいろクローバーZに至っては、メンバーがバカすぎて、怖くて使わせられないらしいですよ(笑)」(元48グループ内部関係者・G氏)

 その一方で、SNSに対する警戒心が薄く、自社のアイドルに比較的自由にやらせているプロダクションも存在する。プラチナム・パスポートが手がける「ぱすぽ☆」はその代表格で、ほぼ“野放し状態”のようだ。

「数名のメンバーがツイッターをやっているんですが、フォローした人をほぼ必ずフォローし返しているため、ファンも難なくDM(ダイレクトメッセージ)が送れるんですよ。さすがに今は送ってもリアクションはないようですが、以前はDMを介して『住所を教えるので年賀状をください』と頼んだファンのもとに、実際に年賀状が届いたこともありました。そういう状況を見てるとヒヤヒヤしますけど、よくよく考えたらぱすぽ☆って“恋愛禁止”をうたっていないんですよね……」(ぱすぽ☆ファン・H氏)

 そんな中、「SNSをうまく活用している」と評判なのが、福岡を拠点に活動している「LinQ(リンク)」だ。彼女たちを何度も取材している記者I氏は、次のように語る。

「彼女たちは公演を見に来てくれたり、取材をしてくれたメディア関係者には、ツイッターを通じてお礼をするんです。それもリプライとDMで2回も。内容もフォーマット的ではなく、『差し入れのアイスおいしかったです』とか『次は私のことも取材してくださいね』とかいちいち変えてきて、中洲のキャバ嬢よりも丁寧(笑)。運営側のスタッフが若くてITに強いこともあり、そうした使い方を初めに徹底的に叩き込んだようですよ」

 先進的なAKB48、実践的なLinQ。本当にITに強いのは、果たしてどちらか──。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ