サイゾーpremium  > 特集  > 企業裏事情  > 社員も限界のパナソニック【社員座談会】
第1特集
"まるごと事業"と新社長はパナソニックを救えるか?【3】

スマホ対応炊飯器にナノイー搭載テレビ……社員半分リストラで、もう限界のパナソニック社員座談会

+お気に入りに追加

──と、ここまでまるごと事業の概要や社内体制の傾きについて見てきたが、実際、社員からはどう見られているのか。パナソニックの次世代を担う、若手社員たちにお集まりいただき、会社への不安を打ち明けてもらった──。

【座談会参加者】
A…入社6年目/営業職
B…入社3年目/管理職
C…入社5年目/営業職

1207_pana_zadan.jpg
『松下幸之助日本を叱る』(幸福の科学出版)

A 最近、「これはパナソニックでしょ」って言われるような商品って、何か思いつきます?

B あー、2010年に発売された「ポケットドルツ」じゃないですか? あれは結構売れましたよね。昔はテレビとかエアコンとかでしたけど、今じゃ電動歯ブラシっていう……。

A あと、LEDには商品力がある気がするけど、家庭用だけでは全然ビジネスになんないよね。今はどこもエコエコって言ってるから、法人向けに打ち出したら変わるかもしれないけど。

C 僕は正直、売れてるって感じるものがないからなぁ。むしろ、逆に「この会社終わったな」って思ったのは、この6月の上旬に発売されたスマホ対応炊飯器と下旬に発売されるナノイー搭載テレビ(苦笑)。炊飯器は遠隔操作ができるわけでもないし、テレビも大型が安く買える時代に19型にナノイーが付いて4万円ってね……。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那